シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

R・ポランスキー、訴訟に難色

 ロマン・ポランスキー監督が、国外からアメリカの雑誌を訴えた。この雑誌は、ポランスキーが1969年のシャロン・テート事件で妻を殺された2日後に、女性を誘惑した、という記事を掲載。ポランスキーは、自宅のあるフランスから、名誉毀損訴訟の制約が少ないイギリスの法廷へ申し立てをした。ポランスキーは、1977年に13歳の少女をレイプした罪で有罪判決を受け、アメリカには入国できない。イギリスはアメリカに対し、国外逃亡者の引渡し協定を結んでいるため、ポランスキーはビデオを使ってイギリスの聴聞会へ出席しようとした。当初、フランスから証言することは可能とされていたが、イギリスの裁判所はこれを認めず、訴訟自体が困難な局面に立たされることになった。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2003年
  3. 11月
  4. 4日
  5. R・ポランスキー、訴訟に難色