シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

H・ボナム・カーター、恋人の態度に憤慨?

 ヘレナ・ボナム・カーターが、恋人であるティム・バートン監督の新作『ビッグ・フィッシュ』(原題)へ出演したが、現場でのバートン監督の態度はボナム・カーターを困惑させた。ボナム・カーターによると、バートン監督は彼女を全く無視していたそう。「まるで、私が存在しないかのように目の前を通り過ぎ、ユアン(マクレガー)と話しているの。一日の終わりには、ユアンにねぎらいの言葉をかけ、私のことは無視。現場で贔屓をしたくなかったらしいけど、私にも言葉をかけるべきだわ」と怒った。ボナム・カーターにそう言われ、バートン監督は言葉をかけるようになったが、「今度は誉めすぎて、もう止めてって言わなきゃならなかった」と語った。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2003年
  3. 12月
  4. 12日
  5. H・ボナム・カーター、恋人の態度に憤慨?