シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

C・バーカー、監督業に復帰

 『ヘル・レイザー』シリーズで知られるホラー作家クライヴ・バーカーが8年ぶりにメガホンを取ることが決まった。作品はユニヴァーサル・ピクチャーズの『トーチャード・ソウルズ』(原題)で、既に「スポーン」の生みの親であるトッド・マクファーレンとのコラボレートによりアクションフィギュア人形として売られている同名シリーズの映画化となる。ストーリーは、悪魔と取引きした夫のせいで闇の世界に落とされた妻がモンスターから逃げ、元の世界に戻ろうとする内容だ。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2003年
  3. 12月
  4. 11日
  5. C・バーカー、監督業に復帰