シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

S・アスティン、サム役への思い

 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでホビット族のサムを演じたショーン・アスティンが、サム役から抜け出す気持ちを整えた。アスティンは、撮影終了後すぐに気持ちを切り替える準備ができていたそうだが、世界中で大ヒットを生んだシリーズだけに、「なかなかサムを抜け出させてもらえなかった」と語る。最終章となる『王の帰還』で多くの観客がサムに共感を覚えたことについては、「サムは一番弱く見えるけど、それは誰もが持っている弱さ。自分よりも大きなものに出会ってしまった時、その弱さに打ち勝っていくところが共感を呼んだんじゃないかな」と語った。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2004年
  3. 1月
  4. 23日
  5. S・アスティン、サム役への思い