シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ユマ・サーマン、『キル・ビル』の暴力を擁護

 なにかにつけ『キル・ビル』2作品の暴力が非難されることに対し、主役のユマ・サーマンがこれを擁護するコメントをした。「人には創造的自由というものがなければならないわ。それに、私は暴力的でセクシーな映画が大好きよ」と言っている。一方で、あまりにも暴力的なシーンが多いため、両作品とも検閲をするべきだとの声も出ている。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2004年
  3. 4月
  4. 30日
  5. ユマ・サーマン、『キル・ビル』の暴力を擁護