シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「バフィ」のニコラス・ブレンドン、アルコール依存症で入院

 「吸血キラー聖少女バフィ」(ケーブル名「バフィ/恋する十字架」)でザンダーを演じたニコラス・ブレンドンがアルコール依存症のため、厚生施設に自ら入院した。「この病気によって僕の人生が支配されていることに気がついた。健康になるには入院が一番の治療方法だと考えた」とブレンドンは自分のホームページ上で入院の理由について語っている。また「バフィ」ファンが今でも自分を支えてくれていることに感謝し、ファンも掲示板に多くの応援メッセージを残している。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2004年
  3. 5月
  4. 7日
  5. 「バフィ」のニコラス・ブレンドン、アルコール依存症で入院