シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

マイケル・ムーア監督、地方新聞から怒りの手紙

 痛烈なブッシュ批判が話題を呼んでいるマイケル・ムーア監督が、イリノイ州の地方新聞パンタグラフ紙から謝罪を求める手紙を受け取った。『華氏911』の前半には、2000年の大統領選挙に関わる様々な新聞の見出しが登場し、パンタグラフ紙の見出しは、選挙の鍵を握っていたフロリダ州の再集計結果について「最新結果でゴアが勝利」という、2001年12月19日の第一面が登場している。しかしパンタグラフ紙によると、この見出しが出たのは12月5日であり、第一面ではなく、編集者への投稿といった形で掲載されたものだったそう。パンタグラフ紙は、「ムーア氏が新聞を編集したいなら、編集者に応募すべきだ」と怒りをあらわにしている。


関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2004年
  3. 8月
  4. 5日
  5. マイケル・ムーア監督、地方新聞から怒りの手紙