シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『華氏911』、アカデミー賞候補失格の危機脱出

 マイケル・ムーア監督の『華氏911』がキューバのテレビ局で放送されたため、アカデミー賞候補失格と心配されていたが、無事にカムバックを果たしたようだ。オスカーのルールによると、封切り9ヶ月以内の映画がテレビで放送された場合、アカデミー賞レースに参加する権利はなくなってしまう。先週、キューバのテレビで放送された同映画は海賊版であることが判明し、放送も無許可だったことがわかった。アカデミー協会は、海賊版は失格の対象にはならないとしているため、『華氏911』はドキュメンタリー部門の賞レースに復帰できたようだ。配給会社は、どのカテゴリーにエントリーするか明らかにしていないが、最優秀作品賞、監督賞、オリジナル脚本賞などを獲得するチャンスもある。


関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2004年
  3. 8月
  4. 5日
  5. 『華氏911』、アカデミー賞候補失格の危機脱出