シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

エステル・ゲティ、痴呆症に

 『刑事ジョー ママにお手あげ』でシルヴェスター・スタローンの母親役を演じたエステル・ゲティが痴呆症を患っていることが明らかになった。人気番組「ゴールデン・ガールズ」(原題)に出演していたゲティは、DVDの発売記念に姿を見せなかった。マスコミはゲティが亡くなった、ゲティが死にそうだと書きたてたが、共演していたベティ・ホワイトなどが痴呆症であることを発表した。「番組を撮影していた当時から少しおかしかったのよ。セリフを全然覚えられなくてプロンプターを読みながらの撮影だったわ。今から思うと既に症状が現れていたのね」と番組で娘を演じたビー・アーサーは語った。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2004年
  3. 12月
  4. 3日
  5. エステル・ゲティ、痴呆症に