シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『スタンド・バイ・ミー』のコリー・フェルドマン、ジャクソン邸で“不適切な行為”

『スタンド・バイ・ミー』のコリー・フェルドマン、ジャクソン邸で“不適切な行為”
『スタンド・バイ・ミー』では軍人志望のテディ役を演じていたコリー・フェルドマン

 『スタンド・バイ・ミー』や『グーニーズ』で知られるコリー・フェルドマンが13歳頃にマイケル・ジャクソンと過ごした日々をインタビューで語った。それによると、フェルドマンは性的虐待を受けたことはないというが、ジャクソンの行動に不適切と感じられることもあったという。ある日、ジャクソンのアパートに寄ったところ、コーヒーテーブルの上に性病と性器についての本があったという。手に取ったジャクソンはフェルドマンと一緒に座り、ページをめくりながら写真を一緒に見ていたという。「気持ち悪かったよ。でも当時は大したことじゃないと思ったんだ。今から考えると不適切な行為だったと思う」と語った。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • スタンド・バイ・ミー from Addict allcinema おすすめ映画レビュー (2009年10月21日 15時58分)
    12歳の夏、誰も大人になんかなりたくなかったんだ。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【スタンド・バイ・ミー】 from Watch IT! (2008年5月5日 19時27分)
    ゴーディ・ラチャンス (リチャード・ドレイファス)が 過去の少年時代を思い出すところから はじまる。そう遠い昔のこと。 いつも4人は一緒にいた。 木の上に立てた小屋で話をしたり タバコを吸ったりと4人で一緒にいるのが 日常であった。 そんなときエース(キーファー・.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2005年
  3. 2月
  4. 18日
  5. 『スタンド・バイ・ミー』のコリー・フェルドマン、ジャクソン邸で“不適切な行為”