シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ナオミ・ワッツ、ピーター・ジャクソン監督への信頼を語る

ナオミ・ワッツ、ピーター・ジャクソン監督への信頼を語る
ナオミ・ワッツとピーター・ジャクソン監督 - Dimitrios Kambouris / WireImage.com / MediaVast Japan

 『キング・コング』のヒロインを演じているナオミ・ワッツが、この映画の出演に際し、脚本を読まずに出演を決めたと語っている。ワッツは、ピーター・ジャクソン監督を全面的に信頼していたそうで、「彼から会いに来るよう電話があったときは、ものすごく興奮したわ。会ったときはまだ脚本がなかったけれど、彼は素晴らしい仕事をするし、読まずに出演を決めたの」とコメント。「それから、ピーターが9歳のころからこの映画に魅了されてきたというのも、出演を決める大きな鍵になったわ」と語った。


関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2005年
  3. 12月
  4. 15日
  5. ナオミ・ワッツ、ピーター・ジャクソン監督への信頼を語る