シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ジャン=クロード・ブリソー監督、セクハラで有罪

 フランス人監督、ジャン=クロード・ブリソーが、2人の女優に性的嫌がらせをした罪で有罪となった。ブリソー監督は、2002年に公開された映画『ひめごと』のキャスティング・オーディションで、女優に自慰行為をするよう求めたことで訴えられていた。この作品は、20代の女性が性を利用して地位を獲得していく官能ドラマ。ブリソー監督は、1年の執行猶予付き禁固刑が言い渡されたほか、1万5千ユーロの罰金の支払い、女優たちの裁判経費の一部と、慰謝料として7500ユーロの支払いを命じられた。


関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2005年
  3. 12月
  4. 28日
  5. ジャン=クロード・ブリソー監督、セクハラで有罪