シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

突然キレた石原都知事、会見で記者を一喝!

突然キレた石原都知事、会見で記者を一喝!
“嵐を呼ぶ”石原都知事に、キャストはガチガチ

 石原慎太郎都知事が脚本・製作を務めた映画『俺は、君のためにこそ死ににいく』の製作発表が都内で行われた。本作は、実在した“特攻の母”鳥濱トメさんの視点から見た特攻隊員たちの散りゆく青春を描いた作品。

会見場には作中で特攻隊員を演じた役者たちが特攻隊の姿で整列し、報道陣を敬礼で出迎えるという手の込んだ演出を見せた。特攻隊員が母に宛てた手紙の朗読が行われ、桜吹雪とともに窪塚洋介ら主要キャストと石原都知事が現れると豪華なメンバーの登場にたくさんのフラッシュがたかれた。

会場に招待されていた元特攻隊の来賓者が、当時のエピソードを5分以上にわたってキャストたちに語ると、会場は神妙な雰囲気につつまれた。

「坊主になれない俳優はいらん!」との石原都知事の言葉どおり坊主頭になり、自衛隊の訓練にも参加したという窪塚洋介は、「未来の礎となってくれた英霊に、感謝と尊敬をもって自分の役を演じたいと思う」と復帰2作目となる本作への意欲をしめした。

この日は、過激な発言を監督からも止められていたという石原都知事だったが「窪塚洋介を起用した理由は?」と聞かれると「若い人はよく知らないからわからない。おれが演じてもらいたかったのは岸(恵子)さんだけ」とさっそくのヒヤヒヤ発言。

また、「特攻の命令が出て、あと1日しか生きられなかったら何がしたいですか?」との記者らの質問に「くだらない質問するんじゃない! まずは自分から考えろ!」と一喝。やっぱり過激な石原都知事に、キャストからは苦笑がもれたが、最後は「(映画の完成を)おれは待ってるぜ!」と、弟・裕次郎の名ゼリフでキリリと締めくくった。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 4月
  4. 7日
  5. 突然キレた石原都知事、会見で記者を一喝!