シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

エリザベス女王がダイアナ妃の死後を描いた映画のコメントを拒否

エリザベス女王がダイアナ妃の死後を描いた映画のコメントを拒否
エリザベス女王を演じたヘレン・ミレン

 常に高水準の映画が選考され、出展された作品群は、後にアカデミー賞にノミネートされることも多いニューヨーク映画祭も、今年で44回目を迎えた。世界中から出展された28作品が9月29日から10月15日までの17日間上映されている。

 ソフィア・コッポラ監督の『マリー・アントワネット』、ペドロ・アルモドバル監督の『ヴォルヴェール』、デヴィッド・リンチ監督の『インランド・エンパイア』、そして25周年を記念してウォーレン・ベイティの『レッズ』など話題作が上映される。

 さらに日本からは、『パ−フェクト・ブルー』『千年女優』で名を馳せた今敏監督が『パプリカ』(筒井康隆の同名小説をアニメーションとして映画化したもの)が披露される。

 そんな話題作が目白押しの中で、ひと際スポットライトを浴びている作品が、オープニング・ナイトで公開されたスティーヴン・フリアーズ監督の『The Queen』(原題)である。

 この作品は、イギリスのエリザベス女王(2世)が、1997年のダイアナ妃の死後、苦悩の末、格調高き王室の伝統から一歩足を踏み降ろし、英国民と哀しみをを共有するという物語だ。

 その映画の記者会見で、エリザベス女王を演じたヘレン・ミレンは、役の準備の過程でボイス・コーチを付け、そのコーチの指示で音感だけでなく、心理的分析から役に入り込み、特に若年(25歳)で権威に就いた当時のエリザベス女王に焦点を当てて研究し、そのアプローチが今の女王よりも、実際の女王の真の心情と人柄であると解釈して役を演じたと述べた。

 制作に関わったプロデューサーのアンディ・ハリーズは、この映画の制作当初、撮影に関して王室と連絡を取った際、エリザベス女王から「そのようなことに関してはコメントしない」とプレスを通じて返答されたと言い、記者からは失笑がもれた。

 また、エディンバラ公フィリップを演じたジェームズ・クロムウェルは、エディンバラ公本人を始め、エリザベス女王、皇太子のチャールズに一度直接面したことを明かし「世間(イギリス)では、ある行事のたびにつまらぬことを口走るために軽視されがちの彼(フィリップ公)だが、彼の実際の職務に対する献身さと真摯さに引かれた」と述べた。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 英国エリザベス女王を描いた映画『クィーン(The Qeen)』 from 栄枯盛衰・前途洋洋 (2007年5月30日 19時16分)
    イギリスのエリザベス女王を描いた映画『クィーン』を見た。 1997年8月、すでにチャールズ皇太子と離婚していたダイアナ元皇太子妃が、パリで自動車事故で亡くなった。この映画はダイアナ元妃が亡くなってからの1週間のエリザベス女王と英国王室、その年の5月の総選挙に勝利して就任したばかりのトニー・ブレア首相を主な登場人物として描かれている。 皇太子と離婚し王室から離れたダイアナ元妃は、王室から見れば、公式 ...[外部サイトの続きを読む]
  • The Queen クイーン from お気楽海外生活 (2007年1月7日 12時20分)
    本日はイギリス映画を見てきました。 去年から公開されてるんだけど、メジャーな映画館ではやってないの。 ハリウッド物じゃないと扱いが小さいのは日本と一緒だね。  The Queen (英語) 注:音が出ます  クイーン (日本語) ダイアナ妃の死後、イギリス王室に何が起こったか。 そんなテーマの、ドキュメンタリー風の作品です。 これは英語が分からないとつらいな~と思ったけど、我慢できずに見ちゃった。 やっぱり理解度はイマイチだったけど、個人的にはかなりおもしろかった。 女王って自分で運転するの!? ...[外部サイトの続きを読む]
  • ダイアナ妃事故死後の英国王室の混乱と女王の決断「The Queen」予告編 from シネマ名画座 (2006年10月6日 14時25分)
    1997年8月31日。イギリス国民に「イングランドのバラ」と慕われたダイアナ妃が、パリでパパラッチに追跡された挙句交通事故死したニュースは世界を駆け巡り、日本でも大変な衝撃をもって伝えられたことはまだ記憶に新しいことと思います。その後も、暗殺説や事故にまつ.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 10月
  4. 6日
  5. エリザベス女王がダイアナ妃の死後を描いた映画のコメントを拒否