シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

奇才デヴィッド・リンチが脱・フィルム宣言!

奇才デヴィッド・リンチが脱・フィルム宣言!
いつも作品には“死”のにおいがするデヴィッド・リンチ。写真はニューヨーク映画祭の記者会見で語るリンチ

 現在、開催されているニューヨーク映画祭の記者会見で奇才デヴィッド・リンチが今後一切、フィルムで映画を撮らないと“脱・フィルム宣言”をした。

 彼ほど奇才という名が似合う監督はいない。作品ごとに不条理、かつ異様で恍惚な世界を作り上げてきた。前回、自分のために生きている人が住む町として描いた『マルホランド・ドライブ』では、はかり知れぬ欲望と悪意が渦巻いていた。そして今回、2年半かかって制作された3時間にも及ぶ大作は、ハリウッド黄金時代の一人の女優を描き、すべてデジタルで撮影されている。

 その映画が、出展されているニューヨーク映画祭の記者会見でリンチは「映画は魔力を持つ媒体である」と述べた。さらに、デジタル撮影について、「フィルムは良い面もあるが、後に汚れ、傷つきやすく、色があせたりもし、さらに機材などの持ち運びが困難なため、今後、一切フィルムでの撮影をやめ、デジタルで撮影していくと」脱、フィルム宣言をした。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • マルホランド・ドライブ:映画 from gflblog.jugem.jp | 映画・音楽・グルメ紹介ジフル (2009年4月11日 15時48分)
    今回紹介する映画は、第54回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞、ナオミ・ワッツ、出演、デイヴィッド・リンチ監督作品の『マルホランド・ドライブ』です。 マルホランド・ドライブ:ストーリー L.A.の北部を通るマルホランド・ドライブで車の衝突事故が発生。ただ一人生き残ったブルネットの女性(ローラ・エレナ・ハリング)は記憶を亡くし、女優の留守宅に身を潜めていた。しかし女優を目指し田舎からやってきた姪ベティ(ナオミ・ワッツ)に見つかってしまう。彼女はベティに事情を話し、リタという仮の名前で彼女の力を借り、自 ...[外部サイトの続きを読む]
  • マルホランド・ドライブ - Mulholland Dr. (2001) from Don't Look Now (2007年9月10日 20時53分)
    ■ 忘れられない映画 その12邦題:マルホランド・ドライブ監督:デビッド・リンチ主演:ナオミ・ワッツ、ローラ・ハリングデビッド・リンチの作品は全部とは言えませんが、それなりに観てきました。難解な作品が多いのは間違いないのですが、本作は比較的わかり易いです... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 10月
  4. 13日
  5. 奇才デヴィッド・リンチが脱・フィルム宣言!