シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

織田裕二が黒澤明リメイク作品『椿三十郎』に!

織田裕二が黒澤明リメイク作品『椿三十郎』に!
かっこいい! 織田裕二の椿三十郎

 12日、黒澤明監督の名作を45年ぶりにリメイクした『椿三十郎』(2007年12月公開)の製作報告会見が、東宝スタジオで行われ、主演の織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチら出演者に加え、森田芳光監督、製作総指揮を務める角川春樹らが質疑応答に臨んだ。この日、キャスト陣は、劇中の衣装を着ての登場。現代劇のイメージが強い織田裕二の“浪人スタイル”に視線が集まった。

 今回、森田監督の熱烈なラブコールに応え、時代劇にチャレンジする織田は、「今、こういう男に出会えて良かった、と思ってもらえる役柄にしたい」とコメント。織田演じる主人公・椿三十郎が、上役の汚職を暴こうとする若侍たちを助太刀するストーリーについては、「これは時代劇だが、同じような汚職事件が、今でもニュースに流れている」と作品の現代的な一面をアピールした。

<< そんな織田に対して、「織田さんの三十郎は、(45年前のオリジナル版で)三船敏郎さんが演じたものよりも、どこか暖かいイメージがある」と語るのは、敵役・室戸半兵衛に扮する豊川悦司。また、若侍たちのリーダー・井坂伊織役の松山ケンイチは、「役柄と同じく、若いキャストたちを受け止めてくれる器のデカさを感じます」と織田の先輩っぷりを披露。これには、織田も「何か、たくらんでるだろ?」と笑顔でつっこんでいた。

 織田が「ストレスをまったく感じさせない現場。毎回こうならいいのに(笑)」と語る和気あいあいの撮影は、12月1日のクランクアップを目指し、終盤戦に突入した。日本映画界では初めての試みとなる黒澤作品のリメイクについて、「(黒澤監督が作った)教科書に沿って、応用問題を解いていく感じ」と語る森田芳光監督は、「過去の名作を今の若い世代に観てもらうチャンスだと思う」とリメイクの意義を説明した。

『椿三十郎』は、2007年12月全国ロードショー
オフィシャルサイト<http://www.tsubaki-sanjyuro.jp/>


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 織田VS豊悦『椿三十郎』いよいよ公開!森田芳光監督にエールを送る黒澤明監督? from 『黒澤映画ゼミナール』~黒澤明的リーダーの条件~ (2007年11月25日 21時54分)
    椿三十郎 リーダーの条件 ↓ 椿三十郎に学ぶ! ...[外部サイトの続きを読む]
  • エキストラ募集始まる!織田祐二vs豊川悦司の『椿三十郎』は三船敏郎を超えられるか? from 『黒澤映画ゼミナール』~黒澤明的リーダーの条件~ (2007年10月20日 23時12分)
    黒澤明と『用心棒』―ドキュメント・風と椿と三十郎 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『椿三十郎』のポスターに異変が! from TV視聴室 (2007年6月22日 11時21分)
    ところが!ポスター第二弾では、これが変更になっております。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 2007年12月公開織田裕二主演『椿三十郎』見ました! from ベスパラ編集部ブログ (2007年4月10日 15時3分)
    4月6日(金)東宝本社で『椿三十郎』モニター試写に行って来ました! この作品は、... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『椿三十郎』これこそが痛快娯楽映画!必見の大傑作!! from よろ川長TOMのオススメ座CINEMA (2007年3月20日 10時40分)
    キイワードは『隣り合わせ』。シチュエーション、ユーモアとスリルさえも背中合わせにした傑作演出の妙味をとくとご覧あれ。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 日本文化を知らぬ オージーの クロサワ初体験 from Lost in Australia (2007年2月11日 20時40分)
    Top シェアブログ1571に投稿 椿三十郎三船敏郎 (2002/12/21)東宝この商品の詳細を見る 誰も知らないことがない と 思っていた 世界の巨匠 黒澤明さま。 いわゆる 「日本通」 で 「日本文化ダイスキ」 と 語る奴 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 11月
  4. 13日
  5. 織田裕二が黒澤明リメイク作品『椿三十郎』に!