シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

お金持ち女の悲劇! パリス・ヒルトンは現代のマリー・アントワネット?(1/2)

お金持ち女の悲劇! パリス・ヒルトンは現代のマリー・アントワネット?
パーティー大好き! なマリー・アントワネット。(『マリー・アントワネット』場面写より) - (C) 2005 I Want Candy LLC.

 “笑顔の出所”でまたまた世間を騒がせたパリス・ヒルトン。逮捕されたときにスケープゴートにされたとさけんでいたパリス。時間は大幅に戻って18世紀。やはり、スケープゴートにされて処刑にされた18世紀に生きたフランス王妃マリー・アントワネットとシンクロする部分が多い。その2人を比較してみた。そこにお金を持ちすぎた普通の女性の悲劇が見えてくる。

■バッド・ガールぶり
マリー・アントワネット
国民たちが必死に労働するのをよそ目に、ぜいだく三昧の日々を送っていたマリー。最終的には国の財政を破たんさせてしまったのですから、その罪はとっても大きいのです。その代償はマリーが“斬首刑”になることで払われますが、怒り狂った群集に深く頭を下げたというマリーは、ちゃんと反省ができるえらい女性だったようです。

パリス・ヒルトン
お酒を飲んでいるのに車を運転したことで免停になったにもかかわらず、免停中に車を運転したパリス。実刑判決を受けて、おとなしく刑務所に入ったまでは良かったものの、なんとたった3日で出所。刑務所の中でも「寒い、食事がまずい」とぶーたれまくったパリスちゃんに国民も大爆発! 23日間の刑務所ぐらしの代わりに、120坪のお家で自宅謹慎となったパリスは、真のBAD GIRLと言えるでしょう。その後、再び刑務所に逆戻り!

■お金持ち度
マリー・アントワネット
なんといっても王妃なので、金なんていらないはず。というよりも、マリーのお財布=国のお金=国民のお金。それは形あるものではありません。言えばなんでも出てくる最高にセレブな生活! 靴、ドレス、宝石や、お菓子、パーティー、お酒、ギャンブル……ぜいたくをしようと思えばいくらでもできるものなのね! と恐ろしくなるほどぜいたく三昧のお姫様です。

パリス・ヒルトン
世界的なホテル王ヒルトン一族の一員であるパリスですが、王族ではないのでお財布はもちろん持っています。アメリカで放映された番組「シンプルライフ」に出演した際に彼女が持っていたお財布からは、大量の現金のみならず、カードが盛りだくさん! ですが、ギャンブルにはまり過ぎて、親からカジノの出入り禁止を命じられたところをみると、物事には“限界”があるようですね。

■プライベート
マリー・アントワネット
ヴェルサイユ宮殿に半ば軟禁状態のマリーにプライバシーは、とことんありませんでした。マリーが独りぼっちになることは、ほとんどないくらい、洋服も召使に着せられ、食事も常に大勢の取り巻きと一緒。結婚初夜でさえ、ルイと一緒に過ごすベッドのまわりを、神父や国王、大勢の人が取り囲み、2人きりの時間を過ごすことすらできなかったのです!


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • パリス・ヒルトンのトークショウを見て思うこと from Maybe it's Something. (2007年6月28日 22時35分)
    【パリス、出所後初のTV・ショウ】Paris Hilton.が,CNNの名物ト ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 6月
  4. 28日
  5. お金持ち女の悲劇! パリス・ヒルトンは現代のマリー・アントワネット?