シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ヴィング・レイムスの敷地内の死体、犬がかみ殺したというのは誤報

ヴィング・レイムスの敷地内の死体、犬がかみ殺したというのは誤報
ヴィング・レイムス - Bennett Raglin/WireImage.com

 『パルプ・フィクション』『M:i:III』のヴィング・レイムスの自宅敷地内で犬のかみ傷がある死体が発見された事件で、当初は犬にかみ殺されたと報道されていたが心臓発作が原因だったようだ。亡くなった男性はレイムズの庭や犬を管理していた40歳の男性ではないかと報道されている。警察はブルドッグ1匹とマスチフ3匹を捕獲。かみ傷は命にかかわるほどのものではなかったため、犬から逃げる際に心臓発作を起こしたのではないかと警察は考えているようだ。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 8月
  4. 9日
  5. ヴィング・レイムスの敷地内の死体、犬がかみ殺したというのは誤報