シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

コリン・ファレル、息子が障害児であることを初めて語る

コリン・ファレル、息子が障害児であることを初めて語る
コリン・ファレル - George Pimentel/WireImage.com

 4歳になる息子のジェームズが“アンジェルマン症候群”と呼ばれる遺伝性の神経疾患を持つ障害児であることをコリン・ファレルが初めて語った。「他の4歳児と一緒にいると、ああ違うのかと再認識させられるけど、普段は忘れているくらいだ」とアイリッシュ・インディペンデント紙のインタビューでコメント。アンジェルマン症候群の主な症状は、発達の遅れ、言語障害、動作や平衡の異常のほか、笑顔や笑いが止まらないなどがあるという。「6週間くらい前に初めて歩いたんだ。4年かかった最初の一歩だ。部屋にいる全員が泣いたよ」とその時の感動語り、ジェームズが生まれてきてくれてとても幸せだということを語っていた。

{link text="関連記事:コリン・ファレル、番組乱入女性に接近禁止令" url="http://cinematoday.jp/page/N0008990"}
{link text="関連記事:コリン・ファレル、トークショーにストーカー女が乱入" url="http://cinematoday.jp/page/N0008745"}
{link text="関連記事:コリン・ファレル、サルマ・ハエックのために裸のダンス?" url="http://cinematoday.jp/page/N0008092"}


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 10月
  4. 18日
  5. コリン・ファレル、息子が障害児であることを初めて語る