シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「多分…世界で初めて!」85分ワンシーンワンカットの撮影舞台裏【第20回東京国際映画祭】(1/2)

「多分…世界で初めて!」85分ワンシーンワンカットの撮影舞台裏
サルバトーレ・マイラ監督とマリーナ・ロッコ

 26日、第20回東京国際映画祭コンペティション部門に出品され、85分の全編ワンカットワンシーンで撮影された映像が大きな話題を呼んだ映画『ワルツ』のサルバトーレ・マイラ監督とマリーナ・ロッコがインタビューに答えてくれた。 

 85分間、ホテルを舞台に動き回る主人公の後を追う撮影には、ステディカムが使われた。ステディカムは、手ブレ防止装置を付けたカメラのこと。カメラマンの体に装着して、動いている人間を一緒に追いながら撮影できる。ただ、非常に機材が重く、男性でも長い時間連続して撮影するが難しいと言われているが、85分まったく映像がとぎれない本作を、いったいどうやって撮影したのだろうか。

{link text="(東京国際映画祭コンペ作品の紹介はこちら)" url="http://cinematoday.jp/page/A0001514"}

 「実は2人のカメラマンが20分ごとに交代して撮影しています。カメラが止まっている時間を利用して交代しているのです。85分間1台のステディカムで撮影したのは本作がたぶん世界で初めてです」と監督。「2人のカメラマンのうち1人は、最後には体にシップを貼って撮影していました。カメラの重さはもちろん、動きながらフォーカスや絞りを調整して撮影しますからね。この映画の最大のヒーローはカメラマンなんですよ(笑)」と舞台裏を明かしてくれた。

 そして監督は、肩から小さいモニターを下げて、カメラの後をついてまわりモニターでチェックしていたそうだ。また、85分の撮影を10テイク撮影したそうだが、撮影日数はなんとたった5日半だったという。しかも撮影場所のトリノのホテルは、撮影中も営業しており、朝の10時くらいからディナーが始まる時間までを使って撮影したそうだ。

 映像がどうしても注目されてしまう本作だが、それはあくまで登場人物たちの心象風景を描くための手段にすぎない。主人公のアッサンタには現代イタリア社会の悩める若者の姿が投影されている。「最近法律ができて、企業は1か月や2か月という短期間の雇用ができるようになったのです。そのために何年間働くにしてもその都度契約を更新しないといけないという状況で、就業する人は常に精神的にストレスを感じている。正社員として働くのは非常に難しく、一時的に仕事に就くことができても、企業の都合ですぐ契約を破棄されるのです」大学を卒業しているアッサンタもこういった状況で10年もメイドとしてホテルで働いている。彼女の不安や焦燥感の背景には、こういった状況があるのだという。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 10月
  4. 27日
  5. 「多分…世界で初めて!」85分ワンシーンワンカットの撮影舞台裏