シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

大島渚監督の次男、衝撃デビュー!唐十郎のドキュメンタリーで映画界に新風(1/2)

大島渚監督の次男、衝撃デビュー!唐十郎のドキュメンタリーで映画界に新風
笑顔でインタビューに答える、大島新監督

 日本ヌーベル・バーグの旗手と呼ばれた大島渚監督の次男である大島新が、映画『シアトリカル 唐十郎と劇団唐組の記録』で長編監督デビューを飾った。本作は、鬼才・唐十郎と、唐が座長を務める「劇団唐組」の劇団員たちを追ったドキュメンタリー。約半年間、唐十郎を追い、カメラを回し続けた大島監督に話を聞いた。

 大島監督が本作を作り始めたきっかけは、テレビ「情熱大陸」だった。「“情熱”で唐さんを取材したとき、唐さんは“ドキュメンタリーの被写体としての自分”を演じている感じがすごくしたんです。極端に言うと、インタビューをしているときに彼が話す言葉はとてもセリフ的で、自己演出を強く感じました。彼の虚実入り乱れた姿に、“テレビサイズではとても語り切れない”と思わされました」

 「情熱大陸」の取材が終わってしばらくして、大島監督は正式に長編ドキュメンタリーの出演を唐にオファー。唐に快諾されて、撮影は始まった。

 作品の主役は、「情熱大陸」と違い、唐だけではない。彼が主催する「劇団唐組」の劇団員たちも重要な役割を担っている。「今の唐さんを表現するとしたら、唐組を見せないと表現できないなと感じたんです。唐さんは、ああいう形態じゃないと自分の力を発揮できないとご自身でもおっしゃっているとおり、自分の劇団で内向きのベクトルで突き詰めていくという形態を40年以上続けている。でもだからこそ劇団唐組の舞台は、凄まじいパワーを感じさせるんです」

 そして、大島監督は唐組の劇団員たちもまた“偏執”的だと言う。
「きっと一度経験した者にしか分からないのだと思いますが、唐組の紅テントの舞台で、セリフを話し、観客の喝采を浴びたときの恍惚感がすべてに勝っているんだろうなって思うんです。だから、あんなにもタフな生活を続けていくことが出来るんじゃないかと思う」

 確かに、家賃2万円ほどの部屋に住み、“偏執”的な唐の意見に振り回されながらも、必死についていく劇団員の姿からは、ほとばしるような強いエネルギーが伝わってくる。作品にも登場する紅テントで、汗を飛ばしながらセリフを話す彼らは、現代の私たちが知ろうとしても知ることができない何かを知っているようだ。『シアトリカル 唐十郎と劇団唐組の記録』は、そんな強大なエネルギーにあふれている。

 パワーに満ちあふれた唐に惹(ひ)かれた大島監督だが、彼の父親もまた、パワフルな映画監督・大島渚だ。大島監督は本作で監督デビューするまで、偉大な父親の名前を背負いながら、テレビのディレクターとして多くのドキュメンタリーを手掛けてきた。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「KARA」 渋谷に現れ大パニック! 一番左の子が・・・ from 韓国・韓流ドラマつぶやき (2010年8月12日 12時12分)
    KARAがこんなにも人気だったとはちょっとイガイ。 韓国アーティスト、本当に人気だね。 特に、一番左の子カワユイ? ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 12月
  4. 3日
  5. 大島渚監督の次男、衝撃デビュー!唐十郎のドキュメンタリーで映画界に新風