シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

和央ようか、私こそ白馬の王子様よ!

和央ようか、私こそ白馬の王子様よ!
白馬に乗る和央ようか

 20日、お台場ヴィーナスフォートの教会広場で、映画『茶々 天涯の貴妃(おんな)』のクリスマスイベントが行われ、主演の茶々を務めた元宝塚の男役、和央ようかが劇中と同じ鎧姿で白馬に乗って出現した。さすが豪華絢爛(けんらん)な戦国絵巻の映画とあって、“ド派手”な演出に、イベントにかけつけたファン約1000人が熱狂する騒ぎ、となった。

 クリスマスも近いということもあって、お約束の質問である“白馬の王子さま像”を聞かれると、和央は「う~ん……。白馬に乗って似合う人っているんですか?」と世の男性陣をバッサリ。さすが、宝塚のトップ男役を張っていただけあって、口には出さずとも「わたしこそ白馬の貴公子でしょ」という雰囲気。続いて「思い入れのある“馬”のネーミングと好きな“数字”」を記者から問われ、「いやぁ~、赤ペンがないと考えられないですねぇ」としっかりボケた後にはすかさず、「これって、何のインタビュー?」とツッコミも忘れない。さすが、大阪出身ということもあって、ノリのいい一面も見せていた。

 イベント中は「キャ~」「ワ~ッ」「カッコイイ~!」と大勢の女性ファンらが大興奮。しかし和央がマイクを持つと、一転、会場はシーンと静かになり、一言一句聞き漏らさないようにと、耳を傾ける何ともお行儀のいいファンたちだった。司会の女性からクリスマスの予定を聞かれると、「彼氏と……」と話すや、「キャ~」に混じって「イヤ~ッ!」というファンの叫びもあったが、「冗談冗談。イヴは船上でディナーショー。ファンのみんなと過ごします」と、またまたファンたちをとろけさせていた。

『茶々 天涯の貴妃(おんな)』は、織田信長の妹・お市を母に持つ三姉妹の激動の生涯を壮大なスケールで描き出した時代劇大作。

映画『茶々 天涯の貴妃(おんな)』は12月22日より全国東映系にて全国公開
オフィシャルサイト <http://chacha-movie.jp/>


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 茶々 天涯の貴妃 from 武士の如く (2007年12月24日 10時51分)
    昨日の続きで今日も美女ネタ茶々昨日も少し触れたが、お市と浅井長政の娘。そして太閤 豊臣秀吉の側室であります。家柄が当時としてはすごいですよね!織田信長の血を引き、浅井長政の血をもらい、豊臣秀吉の側室なのだ。しかも子供がいなかった秀吉の子(秀頼)を生んでい ...[外部サイトの続きを読む]
  • 白馬にのった王子 from Toyonaka豊中NOVAの会 (2007年12月21日 21時21分)
    トラックバックの練習です。 どう見えるんだろう。 トラックバックを拒否にするとトラックバックURL入れても何も出ないってことかなぁ。 えらい下の方に出てくるな。 シネマトゥディの記事ですが、 この人おもろいなぁ。 けど、白馬に乗ったのが似合うのはそこそこいる ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2007年
  3. 12月
  4. 21日
  5. 和央ようか、私こそ白馬の王子様よ!