シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

マイク・フィギス監督、車内マナー改善のための映画を製作

マイク・フィギス監督、車内マナー改善のための映画を製作
マイク・フィギス - Kevin Winter / Getty Images

 1995年の『リービング・ラスベガス』でオスカーにノミネートされたイギリス人監督、マイク・フィギスが、ロンドンで暮らす人々のマナーを変えるため、短編映画を製作した。この映画『トゥゲザー・フォー・ロンドン』(原題)は、ロンドンの電車やバスに乗る人々のマナー改善がテーマとなっており、大音量で音楽を聴いたり携帯電話で大声で話す、ファースト・フードを食べるなどの行為がいかに他人の迷惑になるかを見せつけている。この映像は映画館の予告編放映時に流される。ロンドンでは、電車やバスの中で携帯を使ったり音楽を聴くのは当たり前、食べ終わったバーガーの袋や空き缶が散乱している風景も日常的に見られるだけに、映画の効果が期待される。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 2月
  4. 7日
  5. マイク・フィギス監督、車内マナー改善のための映画を製作