シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

カンヌでトップレスになったリリーが今度は泥酔!父親キースが介抱する

カンヌでトップレスになったリリーが今度は泥酔!父親キースが介抱する
「パパ~」−カンヌで酔っぱらって、父親(キース・アレン)にしなだれかかるリリー・アレン - Dave Hogan / Getty Images

 「スマイル」などのヒット曲を持つイギリスの歌手リリー・アレンがカンヌで泥酔、父親の俳優キース・アレンのひざの上にぐったりと突っ伏してタクシーで運ばれたのが大勢に目撃された。

 言いたいことを言い、やりたいことをやるキャラで知られるリリー、前日にはフランスのリゾートでのトップレス姿が各紙で取り上げられたばかり。そのことについては「(昨日の紙面では)わたしがページ・スリー・ガール(=サン紙の3面に載るトップレス・モデルの総称)だったって?」と余裕のジョークで答えていた。

 もともと父親のキースと友人のサイモン・ペッグが出演している映画『ハウ・トゥ・ルーズ・フレンズ・アンド・エイリアネイト・ピープル』(原題)のパーティに出席するために来ていたリリー、お日様を存分に楽しんだ後、パーティの方では楽しみすぎてしまったよう。テーブル上でダーティダンスを披露、目をつけた男性とトイレにしけこんだなど言われているが、最後は父親に運ばれることとなった。だが翌朝には父親と何か味見しあってでもいるのか、フォークをお互いの口に運びあい親子で仲良くアーンしている朝食の様子も報じられていたので、父親に大目玉をくらったというわけではなさそうだ。

 キースも4人の女性との間に6人の子どもがいるつわものでもあり、俳優デビューしたリリーの弟アルフィーも、ずばり「アルフィー」という曲の中で“葉っぱを吸っている”とリリーに歌われていて、それを本人も否定はしていない。やんちゃなのは、家族の血筋ということかも。

 パーティが開かれた『ハウ・トゥ・ルーズ・フレンズ・アンド・エイリアネイト・ピープル』(原題)自体はまだ作成途中ということだが、アメリカのバニティ・フェア誌で働いた体験を書いたイギリスのジャーナリスト、トビー・ヤングの同名ベストセラー小説をロバート・B・ウィード監督が映画化したもの。『ホット・ファズ』などのコメディ映画で躍進中のペッグがヤング役を演じるコメディタッチの作品になるということだ。『トランスフォーマー』のミーガン・フォックス、『スパイダーマン』のキルステン・ダンスト、「Xファイル」のジリアン・アンダーソンなども出演する。

{link text="【関連記事】第61回カンヌ国際映画祭コンペ作の見どころ"url="http://cinematoday.jp/page/A0001733"}


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 5月
  4. 24日
  5. カンヌでトップレスになったリリーが今度は泥酔!父親キースが介抱する