シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

お騒がせパリス、今度は大統領に立候補?

お騒がせパリス、今度は大統領に立候補?
目には目を!皮肉には皮肉よ! - Jill Ann Spaulding / filmmagic.com

 お騒がせセレブで有名なパリス・ヒルトンが、何とアメリカ大統領選挙に立候補するかのような動画をジョーク的な映像を紹介しているウェブサイト「Funny Or Die」に公開した。

 これは現在アメリカ大統領選挙で、バラク・オバマ氏と熱い火花を散らしているジョン・マケイン氏が選挙PRで流しているCMに、パリスが対抗したもの。

 事の発端となったのは、マケイン氏が流したCMにおいてオバマ氏を「オバマ氏はセレブの一員だが、果たして彼に大統領としての準備は整っているのか」といった皮肉を込めた内容とともに、セレブの代表格であるパリスの歩いている映像などが無断で使用されたことに始まる。

 これに対しパリスが公開した動画は、プールサイドで露出度の高いキュートな水着を着てリラックスチェアーに寝ながら「わたしが大統領になったら、ホワイトハウスをピンクにしちゃうわ」「白髪のおじちゃん、わたしを支持してくれてありがとう!」といった発言をし、マケイン氏に痛烈な批判を込めた面白い映像となっている。また“立候補者”らしくオバマ氏とマケイン氏が焦点にしているエネルギー問題にも言及し、持論を展開するなどまさにやりたい放題。

 もちろんパリスが本気で大統領選挙に出るというわけではないだろうが、痛烈な皮肉に対してすぐに反応し何かしらのアクションを取るあたりは、さすがはパリスといったところか。


【関連情報】
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 8月
  4. 11日
  5. お騒がせパリス、今度は大統領に立候補?