シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

押井守監督、宮崎駿監督をライバル視?「どこかの巨匠」とチクリ

押井守監督、宮崎駿監督をライバル視?「どこかの巨匠」とチクリ
ヴェネチア映画祭への自信をのぞかせる笑み?押井守監督

 21日、新宿バルト9にて映画『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』の上映後、押井守監督によるトークショーが行われた。

 押井監督は会場に到着する前に夕立ちに遭ってしまったそうで「足がずぶぬれです(笑)」と苦笑しながら登場し、和やかな雰囲気でトークショーはスタート。本作は27日から始まる第65回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門にノミネートされており、押井監督は声優を務めた加瀬亮、菊地凛子らとともに現地でレッドカーペットを歩く予定だ。

 本作の製作にあたって押井監督は、最新のCGや手描きなど、新旧のあらゆる技術を駆使した点を強調。「さまざまなレベルの素材を使いこなして、最終的に一つのものにすると、必ずリッチな画面ができる」と自身の映像へのこだわりを語り、加えて「まあ、どこかの巨匠みたいに全部鉛筆で書く人もいますが」と同じくヴェネチア映画祭でノミネートされている宮崎駿監督を意識したコメントもチラリ。

 また、本作がほかの自身の作品と明確に違うのは、生きることをテーマにしたことだという。「人間はたとえ一時的に非日常の世界にいても、必ず日常に戻るときが来る。だから僕らはどんなにつらくても、日常で生きていくしかない」と作品に込めた情熱を語り、ヴェネチア映画祭への自信を少しだけのぞかせたように見えた。

 『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』は、大人になることを拒絶した子どもたち“キルドレ”が、ショーと化した戦争でパイロットとして生きる姿を描くSFアニメ。

映画『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』は新宿バルト9ほかにて全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 8月
  4. 22日
  5. 押井守監督、宮崎駿監督をライバル視?「どこかの巨匠」とチクリ