シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

超美少女、11才のアヤカ・ウィルソン、大人になってボロボロ?中島監督が親心

超美少女、11才のアヤカ・ウィルソン、大人になってボロボロ?中島監督が親心
心配だなぁ、もう。

 大人が涙し子どもが笑う、感動ファンタジー映画『パコと魔法の絵本』が、公開から2週間、9月27日に観客動員数100万人を突破する大ヒットを記録したことを記念して、パコを演じたアヤカ・ウィルソンと中島哲也監督が「満員御礼」舞台あいさつを行った。

 本作がデビュー作ながら、そのかわいらしさと見事な演技が注目されたアヤカだが、中島監督には彼女についてある心配事があるようだ。「素晴らしい才能のある女優さんだと思ったし、今後もきちんと芝居を勉強していい女優になってほしい。この映画の中に、妻夫木聡くんが演じている室町という役が、昔天才子役だったのに大人になったらボロボロになっているという悪い例が出てきます。そんな風にならなければいいと思います(笑)。浮かれることなく、自分の足元を見すえて、一日一日を大事に生きていってもらいたいと思います!」と切実なメッセージを贈った。

 それを聞いたアヤカちゃんは、「将来のことはわからないけど、室町さんのようにはなりたくないですね」とコメント。さらに、「中島監督の次回作に、いい役で出たいです!」とちゃっかりアピールも。すると中島監督、「次は血だらけのホラー映画を作ろうと思っているので、血だらけで死んでいる役でと言ったら、イヤだと言われました」とのこと。11歳ながら、“やりたくない役”の主張もキチンとできるしっかり者のアヤカ。この分だと、ダメな大人になる心配はなさそうだ。

 『パコと魔法の絵本』は、交通事故の後遺症で1日しか記憶が保てない少女パコに、忘れられない思い出を作ってあげるため、これまでワガママ放題に生きてきた大貫を始め、周囲の大人たちが奮闘する感動のファンタジー。

映画『パコと魔法の絵本』は有楽座ほか全国東宝系にて公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「パコと魔法の絵本」大人が泣けるおとぎ話。 from シネマ親父の“日々是妄言” (2008年9月29日 12時13分)
    「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲也 監督、最新作。「パコと魔法の絵本」(東宝)。最初に言っておきますが、ムッチャクチャ面白かったですわ!  一代で大会社を築いた、クソジジイ・大貫(役所広司)は、会議中に倒れ入院。しかし病院でも、オカマの木之元(國村 隼)や消防士の滝田(劇団ひとり)、ヤクザの龍門寺(山内圭哉)等、他の入院患者に対して、尊大な態度で接し、更なるクソジジイぶりを発揮。自殺未遂を繰り返し、その度に運ばれてくる元子役スターの俳優・室町(妻夫木聡)にも、手加減なしの大貫は、室町を汚 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 9月
  4. 29日
  5. 超美少女、11才のアヤカ・ウィルソン、大人になってボロボロ?中島監督が親心