シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

フランス人監督が作ったヤクザ映画の秘密が上映!証言者が明かす修羅場

フランス人監督が作ったヤクザ映画の秘密が上映!証言者が明かす修羅場
『Yakuza Eiga 日本映画に秘められた物語』を撮ったフランスのイブ・モンメイヨール監督 - Photo:Harumi Nakyama

 第56回サン・セバスチャン国際映画祭で、日本における戦後のヤクザ映画の歴史を関係者の赤裸々な証言によって構成したドキュメンタリー映画『Yakuza Eiga 日本映画に秘められた物語』が招待上映され、フランスのイブ・モンメイヨール監督がインタビューに応じた。

 同作品は、映画『仁義なき戦い』の登場以降、いかにヤクザ映画が日本で隆盛を極め、1992年の暴力団対策法施行を契機に衰退していったのかを、75分間にコンパクトにまとめたもの。しかし証言者は、東映京都撮影所・元所長の高岩淡氏、『仁義なき戦い』シリーズの日下部五朗氏、ヤクザの家系に生まれた作家・宮崎学氏、現役の組長、北野武監督、三池崇史監督など、そうそうたる面々が出演。2000年のロッテルダム映画祭で録られた深作欣二監督の貴重なインタビューや、元武闘派ヤクザ出身の異色俳優・安藤昇が、1964年に行った「安藤組解散式」のニュース映像も登場する。

 モンメイヨール監督は本作を製作したきっかけについて「わたしはこれまで、テレビディレクターとして村上龍氏、アラーキー(写真家の荒木経惟氏)、三池監督らのドキュメンタリーを製作し、彼らを通して日本文化に触れてきました。その過程で東映という一つの映画会社がヤクザ映画を量産していたことを知りました。早速ネットでDVDを取り寄せ、フランス語の字幕なしでいろいろ調べていたらハマってしまって(笑)。特に『仁義なき戦い』にはエキサイティングしましたね。あの映画は小津映画に代表されるような日本映画の流れを一気に変えたのではないでしょうか? その深作欣二監督へのオマージュの意味も込めてこのドキュメンタリーを作りたいと思いました」。

 フランス人監督が取材に来たということで、果たして彼らは心を許したのだろうか? 先に挙げた証言者から、衝撃の話がポンポン飛び出す。高岩氏が「指名手配中のヤクザが入れ墨大会のシーンに参加し、その映画がきっかけで警察に捕まった」と製作裏話を明かし、日下部氏は「何度も組事務所に拉致されたこともありますよ」といかに真に迫る作品を作っていたかの体験談を語り、安藤氏は武闘派時代の修羅場をさらりと打ち明ける。

 「取材スタッフも彼らの話を聞きながら、あまりのスゴさに笑ってしまいました。対して相手は、フランス人のわたしが義理とか人情という言葉を口にするので驚いてましたよ。本物の組長に取材をして怖くなかったか? そりゃわたしだって、フランスのマフィアに取材するのは怖いかも(苦笑)。でも今回、実は取材に協力的だったのは本物のヤクザの方だったんです。取材に応じていただけない俳優もいたのが残念でした」。

 同作品は、10月8日から13日まで開催される「第6回京都映画祭」で特別上映が決定。日本公開については関係者の多くが「フランスのテレビ局の取材だから」と引き受けていることもあり、困難と見られる。日本人で唯一観賞できる貴重な機会となりそうだ。(取材・文:中山治美)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 9月
  4. 29日
  5. フランス人監督が作ったヤクザ映画の秘密が上映!証言者が明かす修羅場