シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

レニー・ゼルウィガー、「誰よりもジョージ・クルーニーの意見が大事」

レニー・ゼルウィガー、「誰よりもジョージ・クルーニーの意見が大事」
映画『かけひきは、恋のはじまり』、レニー・ゼルウィガー - (C) 2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

 ジョージ・クルーニーの監督、主演の最新作映画『かけひきは、恋のはじまり』でジョージ・クルーニーの恋の相手役で実生活でも元恋人とも言われているレニー・ゼルウィガーに話を聞いた。

Q:ハリウッド映画ではほとんど描かれたことのない時代を舞台にしたロマンティック・コメディですね。あなたがこのプロジェクトに引かれたのは、ジョージが出演しているという以外にも、そういったところに理由があるのでしょうか?

そう、甲乙つけがたいわよね。ジョージね……さあね……そうかもね!
これはあらゆる意味で考えるまでもなかったわ。これほどまでに独特なスタイルの映画に出演する機会なんて無いもの。このような映画はもう作られないわ。だからとてもやりがいがあったわ。時間が掛けられていて、人間関係が良く練られていて、キャラクターたちが実に良く構築されているわ。彼女は完璧なの。この映画は彼女に非常に多くを求めているわ。まず、彼女は美しくなければならないし、楽しくて、頭も良くなければならない。彼女は独特のコミュニケーションの方法を備えていなければならない。つまり、すべてを備えているの。文字通り彼女になり代わり、視覚的に彼女を創り上げるのは、本当に楽しいことだったわ。あんな風にセリフをしゃべったり、ジョージやジョンの相手役を演じるなんて、最高の仕事だわ。

Q:クルーニーはあなたのために、この役を書いたのですよね……。

彼は女の子たちみんなにそう言ったけれど、みんなパスしたのね。で、結局のところわたしがオーケーしたのよ。冗談は沢山言えるけれど、やめておくわね。ただ、わたしにとっては本当に重要なことだったの。長年に渡って、彼は私の「ご意見番」的存在なの。わたしの仕事についての彼の意見が、恐らくほかの誰の意見よりも重要なの。でも、彼には言わないでね。彼が知る必要はないもの。とにかくそういうことよ。彼が何かに挑戦したいと考えたことは、言葉では表現できないほどに、わたしにとって非常に意味のあることだったの。

Q:監督を務めると同時に俳優として演技をするというのは、大変なことでしょうね。

きっと彼にとってはね。わたしはそれほど大変じゃないわ。わたしが心配する必要はなかったもの。彼は走って来て私の後ろに座り、わたしたちが演じたばかりのシーンをモニターでチェックしていたわ。あっちではわたしのボス(監督)、こちらに戻って来るとわたしの相手役なの。彼はきっとクタクタだったわね。でも、わたしにとっては面白かったわ。

映画『かけひきは、恋のはじまり』は11月8日より日比谷みゆき座ほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 11月
  4. 7日
  5. レニー・ゼルウィガー、「誰よりもジョージ・クルーニーの意見が大事」