シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

新スター・トレックの映像に全米の劇場の観客は拍手喝さい!

新スター・トレックの映像に全米の劇場の観客は拍手喝さい!
若き日のスポック-新スター・トレックの全米でのポスター - Photo:Splash/アフロ

 新『スター・トレック』の予告編に全米が沸いている。アメリカの週末の映画館で劇場内が暗転して最初の予告編が始まる。真っ赤なスポーツカーが砂ぼこりを巻き上げつつ砂漠の一本道を疾走する。「一体何の予告編だろう?」という雰囲気の観客たち。

 サイレンを鳴らしながらスポーツカーを追いかける白バイ。猛スピードでスポーツカーを操るドライバーは急ブレーキを踏みながら安全ベルトを素早く解除する。勢いで放り出されたドライバーは、何と12歳になるかならないかの少年だ! 目の前に広がるのは息をのむような渓谷。着地した勢いで転がり崖のふちから転げ落ちかける少年。白バイだと思っていたのは、地上からわずかに浮いているホバー・スピーダーだ。そこから降りて来るロボットのような警官。立ち上がった少年に名前は何だ?」と問いかける。大人っぽい口調で少年が答える。「僕の名前は、ジェイムス・サイベリアス・カークだ!」この瞬間、劇場内に観客たちの「Ohhhhh!」という声が! 映画『007/慰めの報酬』の前に公開される、新『スター・トレック』の予告編だったのである。

 パラマウントのロゴが映し出され、J・J・エイブラムスの製作会社バッド・ロボットのロゴに続いて、完成したエンタープライズの息を呑むような全ぼうを明らかにする。若く血気盛んなカークとスポックがあわや殴り合いか!? という興味深いシーンを紹介した後、予告編が2009年5月8日公開の一行とともに終わりを告げると、劇場内に満場の拍手が沸き起こった。

 こういった光景が全米各地の映画館で繰り広げられ、全米の新『スター・トレック』への期待は並々ならぬレベルに達しつつある。

 『スター・トレック』シリーズの親元であるパラマウント・ピクチャーズも、この作品にかける意気込みはすごい。全米公開の来年5月まで、まだ6か月もあるというのに、早々と著名ジャーナリストやマスコミ関係者を招き、監督のエイブラムス自らが、まれにみる25分間の作品紹介を行ったのである。そして、この作品プレゼンが行われたのはハリウッドだけではない。イタリア、ドイツ、スペイン、フランス、イギリス、そしてニューヨークと、世界プレゼン・ツアーが敢行されたのである。

 今までに10作品作られた『スター・トレック』シリーズの劇場版映画は、ヒットはするものの意外と海外でのウケが弱い。

 いつもは秘密主義で知られるエイブラムス監督は、今回の世界プロモ・ツアーについての質問をハリウッド・リポーター誌から受けたときに、こんなに早くプロモ活動をすることになるとは思っていなかったと語っている。だが、今までの『スター・トレック』シリーズの歴史を振り返り、今回のプロモ・ツアーが、「世界の映画ファンが、今までの『スター・トレック』シリーズに持っている先入観を克服するのに役立つはず」と語っており、新『スター・トレック』が往年のファンはもとより、まったく新たな世代のファンを獲得できるはずという熱い思いをみなぎらせている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 新スタートレックの予告編が公開 from ぼやきダイブ (2008年12月6日 3時18分)
    カークもスポックも若いです。 新スタートレックの映像に全米の劇場の観客は拍手喝さい! - シネマトゥデイ より 新『スター・トレック』... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 12月
  4. 4日
  5. 新スター・トレックの映像に全米の劇場の観客は拍手喝さい!