シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

荒川良々、飲めないコーヒーを断れない自分にゲロンチョリー!?

荒川良々、飲めないコーヒーを断れない自分にゲロンチョリー!?
荒川良々、濱田岳、山田孝之、栗山千明

 9日、丸の内ピカデリー2にて映画『鴨川ホルモー』完成披露試写会が行われ、主演の山田孝之、栗山千明、濱田岳、石田卓也、斉藤祥太、斉藤慶太、荒川良々、そして本木克英監督が登壇した。

 新入大学生が、怪しげなサークルに入会してしまうところから始まる本作にちなみ、突然全裸にふんどしの男性陣が現れ「ホルモー」と呼ばれるダンスを披露。女性客が大半を占める会場内はあっけにとられた空気が充満したが、「新歓コンパのノリで!」という司会者の声でやっと出演者が登壇すると、一気に黄色い声援が上がり、山田は「踊り、良かったです(笑)。僕はあまり踊る役じゃなかったので、もっと踊りたかったですね」と撮影を振り返った。

 また、濱田が発言するたびに「カワイイ~!」という声援が上がるも、本人は「そんなカワイイとか言ったことを後悔するぐらい、僕は醜態をさらしてますから……」と強調。出演者はそれぞれどんどん全裸になっていったようで、斉藤兄弟も「先にいく先輩の姿が僕たちを強くしてくれた」(祥太)、「普段全裸になったら捕まりますけど、風の吹き抜け方がハンパなく気持ちいい。腰の振りもハンパないです」(慶太)と、もはや抵抗感もなかったという様子。本木監督が「荒川さんが率先してくれて……(笑)」と語ると、「裸での一体感がグッ! グッ! ってなりました」と独特の言葉でゆっくり話す荒川に場内は大爆笑。さらに、劇中の合言葉「ゲロンチョリー」(つぶしてやる! の意)を引用し「弱い自分にゲロンチョリー。コーヒー飲めないのに勧められると断れない」と肩を落とし、最後まで笑いを誘っていた。

 『鴨川ホルモー』は、二浪しやっと京都大学に入学した安倍(山田)は、カワイイ女の子につられて正体不明サークル「京大青竜会」に入会してしまう。沖縄国際映画祭のコンペティション部門で最高賞にあたるゴールデンシーサー賞を受賞した、アホ全開の爆笑コメディー。

映画『鴨川ホルモー』は4月18日より丸の内ピカデリーほかにて全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 4月
  4. 10日
  5. 荒川良々、飲めないコーヒーを断れない自分にゲロンチョリー!?