シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

元CIA戦略スタッフのバリー、超満員の劇場に大興奮で早口に!

元CIA戦略スタッフのバリー、超満員の劇場に大興奮で早口に!
椎名桔平と元CIA戦略スタッフのバリー・アイスラー

 16日、映画『レイン・フォール/雨の牙』のジャパンプレミアが新宿ミラノ1で行われ、主演の椎名桔平、監督のマックス・マニックス、そして原作者で元CIA戦略スタッフのバリー・アイスラーが舞台あいさつに登壇した。

 日本最大の客席数を誇る劇場を超満員にした壮観な眺めに感無量の面持ちの3人。同い年の彼らが作り上げた本作を「これまでの日本映画とは、まったく違う可能性を試した映画」とその斬新さを強調する椎名。というのも、監督・脚本のマックスはオーストラリア出身で、原作小説「雨の牙」の作者バリーはアメリカ人。さらに映画『レオン』『ハリー・ポッター』シリーズでおなじみのイギリス人俳優ゲイリー・オールドマンが椎名と対峙(たいじ)する重要な役どころで出演し、ほかのスタッフ・キャストも国境を越えた混合チームなのだ。

 しかしながら、黒沢清監督の映画『トウキョウソナタ』の脚本家としても高い評価を集めたマックス監督は、「ニホンゴ、ムズカシイ」を連発しながらも最初のあいさつを日本語でやり遂げ、異色の経歴を持つバリーに至っては、東京の魅力や自身の処女作が映画化されたことへの興奮を早口で語れるほどの日本語力の持ち主。どちらも日本在住経験をキャリアに生かして活躍しているだけあって、東京を描くことには並々ならぬ思い入れがあるようだ。

 また「桔平の英語は僕の日本語よりはるかにうまい」とマックス監督に賞賛された椎名は、ゲイリーとの初顔合わせでいきなり英語台本が8ページも続く対決シーンに挑んだという。「ファック!」と悪態をつきながらテンションを高めたり、時には本番中にいたずらも仕掛けるゲイリーから自由さをたくさん学んだと撮影を振り返った。

 『レイン・フォール/雨の牙』は椎名ふんする日系アメリカ人の暗殺者ジョン・レインが、長谷川京子演じるヒロインを守るため東京中を駆け巡る異色サスペンス・アクション。

映画『レイン・フォール/雨の牙』は4月25日より丸の内ルーブルほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 4月
  4. 17日
  5. 元CIA戦略スタッフのバリー、超満員の劇場に大興奮で早口に!