シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

メグ・ライアン新作は、2006年に殺害されたエイドリアン・シェリーが書いた脚本作品(1/2)

メグ・ライアン新作は、2006年に殺害されたエイドリアン・シェリーが書いた脚本作品
シェリル・ハインズ監督−トライベッカ映画祭にて - Photo:Nobuhiro Hosoki

 映画『ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた』やテレビドラマ「ラリーのミッドライフ★クライシス」に出演しているシェリル・ハインズが、トライベッカ映画祭(Tribeca Film Festiva)で、2006年に殺害された彼女の友人で、監督・女優だったエイドリアン・シェリーの脚本を映画化し、自ら初監督した作品『Serious Moonlight』について語ってくれた。同作はメグ・ライアンが主演を務める。

 本作は、敏腕弁護士のルイーズ(メグ・ライアン)が、若い女性(クリスティン・ベル)と不貞を続ける夫イアン(ティモシー・ハットン)を懲らしめようと、トイレにガムテープで貼付けたまでは良かったが、強盗に侵入されてしまい巻き起こるドタバタ痛快コメディ。

 故人エイドリアン・シェリーの夫で、この映画のプロデューサーでもあるアンドリュー・オストロイとは、エイドリアンの死後、どのようにして再び仕事をするようになったのかについては、「実をいうと、アンドリューとは『ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた』の撮影中は、ほとんど面識がなかったの。それが彼女が亡くなり、『ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた』の宣伝を始めてから徐々に親しくなっていったの。この映画の企画は、あの『ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた』が公開したばかりのころで、わたしがその後、この映画をパリで宣伝していたときに、アンドリューから監督を依頼されたのよ。おそらく彼は、4、5人の監督をわたしの前にインタビューしてたと思うんだけれど、そのほとんどの監督が脚本の変更を要求してきて、アンドリューは、エイドリアンの意思を尊重して脚本の変更をしたくなかったため、わたしにメガホンを取ることを勧めてきたの」と監督依頼は意外な形で行われたことを明かした。

 シェリルにとって処女作であるばかりでなく、エイドリアンの脚本を映画化することでプレッシャーを感じたのだろうか「監督に関しては、本当のことを言うと、すごく緊張したわ。毎日約15、6時間の撮影で、撮影中は新たに開眼させられることばっかりだったから。ただ、彼女の脚本を扱うという責任感を感じていたけれど、彼女の夫アンドリューともう一人のプロデューサー、マイケル・ロイフが、わたしが重圧を感じないように調整してくれたし、わたし自身も、このシーンは、もしエイドリアンだったらどう監督するかというよりは、単純に良い映画を製作することに焦点を置いたアプローチをしたの」と処女作も、多くの仲間に支えられて製作できたようだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ムービー ( MOVIE ) NEWS ! from ブルーレイ(Blu-Ray)で行こう! (2009年5月6日 11時11分)
    ムービー ( MOVIE ) NEWS ! シネマカフェ的海外ドラマvol.100 医療ドラマ番付に見る「Dr.HOUSE」 cinemacafe.net 「視聴率を取りたければ、医者、弁護... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 5月
  4. 4日
  5. メグ・ライアン新作は、2006年に殺害されたエイドリアン・シェリーが書いた脚本作品