シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

新『スター・トレック』が全米堂々第1位!IMAXの興収では『ダークナイト』破る-5月11日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

新『スター・トレック』が全米堂々第1位!IMAXの興収では『ダークナイト』破る-5月11日版
「余裕だな!」「来週は『天使と悪魔』と一騎打ちだぜ!」(映画『スター・トレック』より) - (C) 2008 Paramount Pictures. Star Trek and Related Marks and Logos are Trademarks of CBS Studio Inc. All Rights Reserved.

 アメリカの3,849の映画館で、スクリーン数にして7,400という規模で超大型公開されたJ・J・エイブラムス監督の映画『スター・トレック』が、7,520万ドル(約75億2,000万円)という巨額の興行成績を上げて、今週のチャートでアメリカナンバーワンの映画となった。この成績は、今までに公開された『スター・トレック』の作品の中でもトップとなる額で、映画『ファースト・コンタクト/STAR TREK』の3,070万ドル(現代の5,000万ドル(約50億円)に相当)をはるかに超える数字をたたき出した。(1ドル100円計算)

 新『スター・トレック』の興行収入は、今回の全米ボックスオフィス総額を1億4,900万ドル(約149億円)以上にまで押し上げる形となり、去年の同時期と比べても興行総成績は19パーセントもアップし、歴代の5月第2週ウイークエンドと比べても最高の興行総収入を記録した。

 また『スター・トレック』は、アメリカの138館のIMAXシアターでも公開されており、こちらでも映画『ダークナイト』が打ち立てた630万ドル(約6億3,000万円、封切り後の初週末のみ)の記録を軽々と打ち破り、850万ドル(約8億5,000万円)というIMAX歴代最高の興収をたたき出している。

 興味深いのは、『スター・トレック』を観に来ていた客層だ。いくらクリス・パインがカッコいいとはいえ、やはり客層は圧倒的に男性が多かった。配給のパラマウント・ピクチャーズの統計によれば、作品を観に来ていた60パーセントが男性と判明。また、そのうち65パーセントが25歳以上の年齢層ということもわかった。やはり往年の『スター・トレック』シリーズのファン強し……といったところだろう。

 さて、今回のランキングは『スター・トレック』以外は、すべてかすんでしまっているように見えるが、その中でもモロに影響を受けたのが、先週公開されたばかりの映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』である。第2位とはいえ、先週末と比べると69パーセントも売り上げが下降して、2,640万ドル(約26億4,000万円)の売り上げにとどまった。

 第3位は、マシュー・マコノヒー主演のコメディー映画『ゴースト・オブ・ガールフレンズ・パスト』(原題)で1,025万ドル(約10億2,500万円)。先週デビューで、その出足は不調だったものの公開2週目の今週は33パーセントのみの下降ということで、土砂崩れ的な落下は免れている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ジェームズ・T・カーク曰く、「俺がこんなに強いのも・・・」 from NEW WAY.NEW LIFE (2009年5月16日 20時30分)
    今年5月29日の金曜日から公開される映画版スター・トレックNEW WAY.NEW LIFE:もうじき公開の【スター・トレック】について少し - livedoor Blog(ブログ) 映画【スター・トレック】のオフィシャルサイトはコチラアメリカでの週末興行成績が発表され【スター・トレック】は.... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 5月
  4. 14日
  5. 新『スター・トレック』が全米堂々第1位!IMAXの興収では『ダークナイト』破る-5月11日版