シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「LAW & ORDER:性犯罪特捜班」のマリスカ・ハージティ、胸の病気は番組のスタントのせい

「LAW & ORDER:性犯罪特捜班」のマリスカ・ハージティ、胸の病気は番組のスタントのせい
女優魂はすごいですが、気を付けてください!-マリスカ・ハージティ - Andrew H. Walker / Getty Images

 テレビドラマ「LAW & ORDER:性犯罪特捜班」のマリスカ・ハージティが、2度の気胸(肺に穴が開き、肺がつぶれてしまう病気)を患ったのは、ドラマのスタントのせいだとコメントした。

 「わたしはこのドラマで10年にわたって、自分自身でスタントをやってきた。変な転び方をしたのよ。スタントをして肺がつぶれたの」とピープル誌に語っている。マリスカは1月に気胸で入院したほか、3月にも撮影中に胸の痛みを訴えて入院。「今は100パーセント元気。もとの自分に戻ってるわ」と元気そうだ。マリスカは同ドラマのオリビア・ベンソン役で、ゴールデングローブ賞とエミー賞を受賞している。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 5月
  4. 22日
  5. 「LAW & ORDER:性犯罪特捜班」のマリスカ・ハージティ、胸の病気は番組のスタントのせい