シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

菊地凛子主演作、セックスシーン満載のエクゾチックジャパン映画?【第62回カンヌ国際映画祭】

菊地凛子主演作、セックスシーン満載のエクゾチックジャパン映画?
イザベル・コイシェ監督と菊地凛子

 第62回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品されている、菊地凛子主演『マップ・オブ・サウンズ・オブ・トーキョー(原題)』の記者会見が現地時間23日、行われ、菊地とスペイン人のイザベル・コイシェ監督、同男優のセルジ・ロペスが出席した。

 同作品はイザベル監督が2006年に、映画『あなたになら言える秘密のこと』が東京国際女性映画祭に招待されて来日した際に浮かんだアイデアを実現したもの。表の顔は築地の魚河岸職人で、裏の顔は殺し屋というリュウ(菊地)が、ワイン店を経営するデヴィッド(セルジ・ロペス)の殺人を依頼されるも、恋に落ちてしまうというラブ・サスペンス。

 映画の冒頭でいきなり、リュウに殺人を依頼する日本人ビジネスマン(中原丈雄と榊英雄)がロシア人との商談の席で女体盛りをしているシーンが登場。ほか、リュウと依頼者の待ち合わせ場所が、浅草・花屋敷の観覧車だったり、リュウとデヴィッドが行くラブホテルの部屋が痴漢プレーマニア向けの電車車両だったりと、エキゾチックジャパンが盛りだくさん。日本での公開は現時点では未定だが、いろんな意味で話題性はバツグンだ。

 記者会見でも、女体盛りに関する質問が飛び、イザベル監督は「ロサンゼルスへ行ったときに女体盛りを初めて見たんだけれど、海外の人は日本では皆、ああいうことをしていると思っていたのね。でも、15年前にわたしが初めて日本へ行ったとき、わたしたちと何もかわらないんだと知ったの。だからあえて、あのシーンを出したの」と確信犯だったことを説明。また、ラブホテルについては、「わたし自身は、ああいう場所でセックスしたことはないけれど(笑)、面白いし、ああいうファンタジーは誰でも持っているんじゃないかしら?」と語った。

 一方、菊地にとっては映画『バベル』『ブラザース・ブルーム』に続く、海外作品となったわけだが、出演の理由について「監督の映画を3本観て、女性の視点を描ける素晴らしい監督だと思い、脚本を読まずに出演を決めました。今のわたしにとって大切なのは、演じる役がどれだけ、わたしに経験を与えてくれるか。セックスシーンもたくさんあったし、(役の)バックボーンも複雑だったけど、難しい役こそ今、やるべきだと思ってます。現場も、(『バベル』に続き)ラテン系の監督で、仲間意識があって、一緒に映画を作っている感覚がした。お互いが信頼し合っていて、パーフェクトな現場でした」と笑顔で語った。(取材・文:中山治美)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 菊地凛子主演作『Map of the Sound of Tokyo』トレーラー from 映画レビュー等のmktの日記 (2009年5月25日 11時16分)
    カンヌでも話題だった「Map of the Sound of Tokyo」ですが、 菊池凛子の体を張った(ヌードになれば体を張った?)演技で話題ですが、予告編を見る限りでは、いきなり金髪女の女体盛りや電車の中(風のホテル)でのエッチシーン等正直なんじゃこれTOKYOのオンパレード。.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 5月
  4. 24日
  5. 菊地凛子主演作、セックスシーン満載のエクゾチックジャパン映画?