シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『ターミネーター4』、日本の興行チャートに“I'll be back”-6月15日版【映画週末興行成績】(1/2)

『ターミネーター4』、日本の興行チャートに“I'll be back”-6月15日版
トランスフォーマーには負けないぞ!クリスチャン・ベイルも迎撃体勢?

 世界的人気SFアクションシリーズ最新作映画『ターミネーター4』が、大方の予想通り、初登場第1位を獲得した。5日から7日の先行上映の興行収入4億2,891万円に、13、14日の初日2日間分を合わせて、興収10億2,091万円を記録。日本で過去1年間に公開されたハリウッド映画で、最高のオープニング成績となった。

 現カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガー氏を、一躍アクションスターにした同シリーズとしては6年ぶりの新作で、新生3部作の第1弾。機械軍スカイネットに支配された2018年を舞台に、人類軍の指導者となったジョン・コナーが人類存亡をかけ、スカイネットに立ち向かう。主人公ジョン・コナーを、徹底した役作りで知られる映画『ダークナイト』のイギリス人俳優クリスチャン・ベイルが熱演。映画『チャーリーズ・エンジェル』のマックGがメガホンを取った。シリーズ人気に加え、クリスチャンの人気で新しいファン層を開拓したようだ。シュワルツェネッガー知事のデジタル映像での出演も話題を呼んでいる。

 初登場から2週連続第1位だった映画『ROOKIES -卒業-』は、3週目を迎え第2位とランキングで一歩後退したものの成績は依然として好調。早くも動員400万人を突破、興収は50億円突破を目前にしている。

 初登場組ではほかに、第4位に映画『真夏のオリオン』。第二次世界大戦中の日本潜水艦とアメリカ駆逐艦の壮絶な攻防と人間のきずなを描く戦争ドラマ。主人公の潜水艦艦長に玉木宏、その親友の潜水艦艦長に、演技初挑戦の音楽デュオCHEMISTRYの堂珍嘉邦、昭和と現代をつなぐ一人二役に北川景子が挑んだ。全国309館で公開され、初日2日間で観客動員9万1,494人、興収1億1,149万3,750円をあげた。

 また圏外で、第64回(2008年)ヴェネチア国際映画祭金獅子賞をはじめ、全世界の映画賞54冠に輝いた映画『レスラー』が、公開劇場37館にもかかわらず、初登場第11位に入った。初日2日間で動員1万5,191人、興収1,984万6,300円と公開規模からすれば大健闘の数字を記録。落ち目の中年プロレスラーが人生をかけて再びリングを目指す姿を描き、主演のミッキー・ローク自身の栄光と挫折を投影したかのような心を揺さぶる人間ドラマで、幅広い客層から支持を得ているようだ。ロークと親交があり、今回直々の求めに応じて書き上げたブルース・スプリングスティーンの主題歌が、辛酸をなめた男のドラマを効果的に盛り上げている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • <ターミネーター4>5日で興収10億円突破 初登場1位の好スタート from 徒然ニュース (2009年6月16日 18時35分)
    13日公開された米映画「ターミネーター4」(マックG監督)が、公開5日間(6月5~7日の先行公開含む)で興行収入10億円を突破したことが明らかになった。13、14日の映画興行成績(興行通信社調べ)でも、初登場1位を獲得、好スタートを切った。 「ターミネータ.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 6月
  4. 16日
  5. 『ターミネーター4』、日本の興行チャートに“I'll be back”-6月15日版