シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ラッセル・クロウ、相手役がシエナじゃなくて良かった!?

ラッセル・クロウ、相手役がシエナじゃなくて良かった!?
ラッセル・クロウ - Gregg DeGuire / WireImage / Getty Images

 ラッセル・クロウが、英雄ロビン・フッドを演じる新作映画『ノッティンガム』(原題)で相手役のメイド・マリアンを演じるケイト・ブランシェットを絶賛している。当初この役はシエナ・ミラーが演じることが決まっており、シエナは「世界で最もエキサイティングなこと」と喜んでいたが、間もなく降板が決定。理由については、ラッセルの相手役としては「やせ過ぎてつり合わない」などと報じられていた。ロンドンのメトロ紙によると、ラッセルは代役に決まったケイトについて「この役には、ほかの誰も考えられないね。彼女は犯罪のパートナーとして最高さ」とオスカーを受賞した経験もある実力派・ケイトの出演に大満足のようだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 7月
  4. 1日
  5. ラッセル・クロウ、相手役がシエナじゃなくて良かった!?