シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

香港映画界初のハリウッド映画リメイクを成功させたベニー・チャン監督を直撃!

香港映画界初のハリウッド映画リメイクを成功させたベニー・チャン監督を直撃!
ベニー・チャン監督 - (C) 2008 Emperor Motion Picture(International)Limited, Warner China Film HG Corporation & BNJ Armor Entertainment Limited. All Rights Reserved.

 香港映画界初の試みとなったハリウッド映画逆リメイクを大成功へと導いたベニー・チャン監督が、映画『コネクテッド』について語ってくれた。

 本作のオリジナル版は、オスカー女優キム・ベイシンガー主演のサスペンス映画『セルラー』。謎の組織に誘拐された女性が、壊れた電話を使って偶然つながった男性に助けを求めるという奇抜なアイデアと、その男性が謎の組織の目を欺きながら女性救出にすべてを懸けるスリリングな展開が話題を呼び、日本でもスマッシュヒットを記録した一本だ。

 ただでさえ、手に汗握る一級のアクション映画として成立しているオリジナルを、単なる焼き直しではなく、香港印のリメイク版として成功させた要因はどこにあるのだろうか。ジャッキー・チェンとコンビを組み、数々の傑作映画を生み出してきたベニー・チャン監督は「オリジナルの舞台は、広大なアメリカ西海岸の広々とのんびりした砂漠。だからリメイクするなら都会を舞台に、渋滞があって反対車線に突っ込むようなカークラッシュを引き起こし、用水路や市街地を猛スピードで走らせるなどの刺激とスリリングさを増やしたかったんだ」とアクション映画監督ならではの視点で語る。

 ストーリーラインは、ほぼオリジナルを踏襲する形で進行する『コネクテッド』だが、スタイリッシュとは程遠いアナログなアクション場面はハラハラドキドキの連続で、一気に引き込まれてしまう。「コンセプトは臨場感。カーアクションでも格闘シーンでもCGは一切使っていないんだ。それに危険なシーンもできるだけ俳優にやってもらったんだよ」と強いこだわりを語るが、そこにはオリジナルを超えなければならないというプレッシャーとアクション大国香港のプライドが垣間見える。「観客は、必ずオリジナル版と見比べるだろう? それは大きなプレッシャーでもあるんだ。香港アクションは世界的に高い評価を得ているジャンルだから、アクションの素晴らしさやスリルの面ではオリジナルを超えなければいけないんだ」。

 そして、その意気込みと才能はハリウッドにも届いたようだ。「いくつかの企画は持ちかけられているよ。ほとんどがアクションだけど、いつか気に入った脚本と出会えれば、そのときは撮りたいね!」と世界進出も視野に入れているようだ。

映画『コネクテッド』は8月1日より新宿武蔵野館ほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「コネクテッド」 from prisoner's BLOG (2009年8月20日 8時37分)
    「セルラー」の香港版リメーク。ハリウッド映画の香港リメークというのは初めてらしいけれど、サスペンス・アクションとしては近来の快作に仕上がった。 もともと「セルラー」は誘拐・監禁された女性が破壊された電話をなんとか修理してたまたまかけられた携帯の持ち主に助けを求める、という、70年代だったら「激突!」風のテレビムービーになっていたかもしれない強力なワン・アイデアで全編を押し通した映画(ストーリーはラリー・コーエン)で、アイデアが強力なのでつまらなくはまずならない。 そこで満足せず、なんで警察に頼らないのだ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 7月
  4. 29日
  5. 香港映画界初のハリウッド映画リメイクを成功させたベニー・チャン監督を直撃!