シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ベン・スティラー、「正直かなり孤独だった」!? 『ナイト ミュージアム2』の撮影秘話を語る!

ベン・スティラー、「正直かなり孤独だった」!? 『ナイト ミュージアム2』の撮影秘話を語る!
映画『ナイト ミュージアム2』より - (C) 2009 TWENTIETH CENTURY FOX

 博物館の展示物が、夜になると動き出し巻き起こす騒動を描いたファンタジー・アドベンチャーの続編映画『ナイト ミュージアム2』で、再び主演を務めたベン・スティラーが本作について語ってくれた。

 舞台を、ニューヨーク自然史博物館から世界最大の博物館・スミソニアンへと移し展開される「見どころはケタ違いの大冒険」という本作についてベンは、「スミソニアンは破格のスケールを誇る世界最大の博物館だし、楽しめる要素がこれでもかっていうくらいあるんだ。宇宙ロケットが発射され、ライト兄弟の飛行機までもが飛び回る。これが面白くないわけないだろう(笑)!」と自信たっぷりに語る。

 しかし続編とは、前作が成功したことで周囲の期待も高くなり、その分プレッシャーも大きくなるものだが……「その期待が僕のエネルギーになったし、事実、台本は今回の方がさらにいいと思うよ。メインの俳優が全員戻ってきて、素晴らしい俳優が新たに加わってくれた。僕自身もワクワクしたよ」と余裕の様子。実際に現場では、お互いを笑わせようと必死な俳優陣のアドリブ・バトルに、スタッフや見学者が笑ってしまいNGテークになったこともあったのだとか。

 また、ベン演じる主人公ラリーの良き相棒となるアメリア・イヤハート(エイミー・アダムス)について聞かれると、「前作では、ほぼ一人で走り回って、いろいろな状況でリアクションを見せなければならなかったから、正直かなり孤独だったよ(笑)。今回のように密接なコミュニケーションを取れる人間関係があるのはうれしいね」と思わず本音をポロリ。続けて、「エイミーは演技の幅を見せてくれた。本物の人間性を表現できる人だよ」と称賛した。

 最後に、気になる続編について聞いてみると、「ヨーロッパ旅行だったらいいね。ルーヴル美術館や大英博物館への旅とか、エキサイティングな場所がほかにもたくさんあるからね」とさらなる可能性を示唆してくれたが、「でも、スミソニアン以上に魅力的な場所を見つけることは難しいかもね……それくらい今回の舞台は魅力にあふれているよ!」とさりげなく本作の魅力をアピールしていた。

映画『ナイト ミュージアム2』は8月12日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ナイトミュージアム2 from ~yatsufusa~ (2009年8月15日 10時45分)
    livedoor ニュース - 辻希美、吹替え版は「私でも分かる」。「ナイトミュージアム2」舞台挨拶 via kwout このNews本文中にある2点に違和感?? 1、外国映画のギャグは日本人にとって違和感が多いと思う。それを分かりやすく、笑いやすくしました」と初めての吹替え監修... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 8月
  4. 11日
  5. ベン・スティラー、「正直かなり孤独だった」!? 『ナイト ミュージアム2』の撮影秘話を語る!