シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

驚異の3D映像『アバター』の場面写真ついに解禁!『タイタニック』のキャメロン監督作

驚異の3D映像『アバター』の場面写真ついに解禁!『タイタニック』のキャメロン監督作
映画『アバター』より - (C) 2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved.

 『タイタニック』のジェームズ・キャメロンが12年ぶりに放つ最新作『アバター』の場面写真がついに公開された。

 キャロン監督は本作の構成を14年間練りに練って、さらに製作にはじっくり4年を費やしこの驚異ともいえる『アバター』を作り上げた。構想の14年というのは、キャメロン監督のイマジネーションに、ようやく映像テクノロジーが追いついた結果、満を持して製作に取り掛かることができたから。本作が3Dで公開されるのは、映画は観る時代から、そこに居る時代へと映画の流れが変化しつつある今、その真打ちとしてこの世に誕生した『アバター』は時代の最先端をいく映像といえよう。

 しかし、キャメロン監督は本作の製作を極秘に進め、決してその一部も見せようとしなかった。そんな中、本日8月21日は、全世界60か国で同時公開される『アバター』の3D映像公開日。アメリカではこの日のチケットを手にいれようと、申し込み者が殺到し20世紀フォックスのサーバーがダウンしてしまったほど。

 今回、解禁された場面写真は、『ターミネーター4』に出演し日本でも人気上昇中の俳優サム・ワーシントン演じる主人公が水槽を見つめているところ。その水槽に入っているものはいったい? 物語は彼がある惑星で異人種と出会うことから壮大な冒険が始まる。水槽に横たわる生物が異人種?敵か味方か? これ以上の情報は一切明かされていない。

映画『アバター』は12月18日(金)TOHOシネマズ日劇ほか全国超拡大公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 史上最高の続編映画 from ターミネーター サラ コナー クロニクルズは日本人が救おう! (2009年9月11日 1時56分)
    イギリスの雑誌:エンパイア誌が“50 Greatest Movie Sequels(史上最高の続編映画50本)を発表。それによると、なんと「ターミネーター2」が第3位、「エイリアン2」が第1位に。つまり、ターミネーターの生みの親:ジェームズ・キャメロン監督作品が1位と3位と上位を独占したことになります。どちらもパート1をうまく継承しつつも、ストーリーのオリジナリティとスケールの大きさ、テンポ、アクション、現代でも通用する映像技術など総合的に評価された結果でした。ちなみに「ターミネーター2」に関しては、正義と ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 8月
  4. 21日
  5. 驚異の3D映像『アバター』の場面写真ついに解禁!『タイタニック』のキャメロン監督作