シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

シャーリーズ・セロン、強迫性障害(OCD)であることを告白

シャーリーズ・セロン、強迫性障害(OCD)であることを告白
シャーリーズ・セロン

 シャーリーズ・セロンが強迫性障害のため、家がきれいになっていないとまともに生活を送れないとコメントした。

 「すごく深刻な問題よ。何百万人もの人が苦しんでいる本当の病気、強迫性障害なの」というシャーリーズ。WENNによると電源のスイッチを一定の回数、入切しないと気がすまないとか、何かをするたびに数を数えてからやるという症状はないものの、無秩序に問題があるらしい。「無秩序自体には対処できるんだけど、無秩序が隠れているのは本当にダメ。例えばキャビネットの中がグシャグシャだったり、キャビネットにものを放り込んでドアを閉めてしまうような人もダメ。そういうことはしちゃだめなのよ。キャビネットにあってはならないものを見ると夜も寝れなくってしまうの」とシャーリーズは語っている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 9月
  4. 18日
  5. シャーリーズ・セロン、強迫性障害(OCD)であることを告白