シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

浮気を重ねるダメ夫…浅野忠信は男のロマンに共感し、松たか子は女らしい冷静なジャッジ

浮気を重ねるダメ夫…浅野忠信は男のロマンに共感し、松たか子は女らしい冷静なジャッジ
みんな人生いろいろですからね。

 太宰治の同名短編小説を原作に、小説家の夫とその妻の姿を描いた映画『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』の初日舞台あいさつがTOHOシネマズシャンテで行なわれ、浅野忠信、松たか子、広末涼子、堤真一、妻夫木聡、伊武雅刀、室井滋、そして根岸吉太郎監督が登場した。

 本作の主人公は、小説家として才能にあふれながらも酒におぼれ、浮気を重ねるダメ夫・大谷と、そんな大谷をいつも明るく支え、生き生きと暮らす妻・佐知。佐知を演じた松は、そんな女性の生き方について「人それぞれの人生で、彼女はそれが幸せだと思ったんでしょうし……皆さん、同じように生きようと思って嫌な思いをされませんように。一生懸命生きている人たちの姿を見て、自分なりの幸せを探していってもらえばいいので、無理に押し付ける気はさらっさらないです!」と女性らしい冷静な見方を披露した。

 一方、大谷を演じた浅野は「男としていろいろと学ぶことができた」とのこと。「おススメはしませんけど……あこがれ、というと変ですが、男としてこういう生き方をしてみたいという共感もあります。」と語り、男性としてのロマンを感じているよう。

 『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』は、太宰の同名短編小説を基に、大酒飲みで浮気性の小説家を夫に持ちながら、明るく生きていく妻の姿を描く物語。

映画『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』は10月10日よりTOHOシネマズシャンテほか、全国東宝系で公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~ from シネマDVD・映画情報館 (2009年10月12日 21時47分)
    酒飲みで多額の借金をし浮気を繰り返すなど放蕩の限りを尽くすが、小説家として秀でた才能と何故か憎めない魅力を持つ男・大谷と、そんな夫に翻弄されながらも明るくしなやかに生きていく妻・佐知の愛の物語。小説家を愛する妻・佐知に松たか子、太宰治を彷彿とさせる小説家・大谷に浅野忠信、小説家の愛人・秋子に広末涼子、佐知に想いを寄せる青年・岡田に妻夫木聡、佐知のことが忘れられない弁護士・辻に堤真一と豪華キャストが顔を揃え、『雪に願うこと』『サイドカーに犬』の名匠・根岸吉太郎監督がメガホンをとる。 予告編 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 10月
  4. 12日
  5. 浮気を重ねるダメ夫…浅野忠信は男のロマンに共感し、松たか子は女らしい冷静なジャッジ