シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

クライヴ・オーウェンがシングル・ファザーに!息子2人に奮闘する『ザ・ボーイズ・アー・バック』−ロンドン映画祭

クライヴ・オーウェンがシングル・ファザーに!息子2人に奮闘する『ザ・ボーイズ・アー・バック』−ロンドン映画祭
クライヴ・オーウェン(左)と長男役のジョージ・マッケイ(右) - Photo:Yukari Yamaguchi

 第53回ロンドン映画祭で、スコット・ヒックス監督映画『ザ・ボーイズ・アー・バック』(原題)のイギリス・プレミアが開催された。プレミアに先立ち、主演のクライヴ・オーウェンらが会見を行い、シングル・ファザーの奮闘を描いた本作について語った。

 妻を失くし、6歳の息子との生活を再建しようとするスポーツ・ジャーナリストのジョーのもと に、別れた妻との間のティーンエージャーの息子までやってきて…という本作、父と息子の男3人の暮らしが描かれる。原作は、サイモン・カーの人気小説「ザ・ボーイズ・アー・バック・イン・タウン」。

 出張中、2人の子どもだけになった留守宅で大変なことが起こってしまうシーンもあるが、ジョーが悪い父親とは思わない、実生活では、やむを得ないこともあるだろうと言うオーウェンは「感傷的にもならず、ヘビーにもならず、親子が描けている」と本作のリアルさを強調。10歳と12歳の女の子の父親でもあるオーウェンは「親業は僕の人生の中で大きな部分を占めている。僕は(この映画のように)大きな損失を経験してはいないけれど、家族の山あり谷ありには、親しみを感じて共感できる」、「僕は皿洗いもするんだよ」とマイホーム・パパの顔を覗かせた。子役との信頼関係を作るのに長い時間をかけたというオーウェンを相手に、2人の子役も名演を見せている。「映画を作るには正しい選択をしていくことが重要だ」と言うヒックス監督、本作での役者の選択は正しかったようだ。

 ヒックス監督は工藤夕貴も出演した『ヒマラヤ杉に降る雪』などの映画のほかにも、ドキュメンタリーでの受賞経験もあり、舞台となるオーストラリアの美しい映像も本作の見所となっている。2人の娘も撮影時にはオーストラリアに滞在し、いい時間を過ごせたと言うオーウェンだが、かんじんの本作について娘たちからの感想は「特に何も。だいたい、いつも僕の映画には関心がないんだよ」だそう。(取材・文:山口ゆかり / Yukari Yamaguchi)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 10月
  4. 26日
  5. クライヴ・オーウェンがシングル・ファザーに!息子2人に奮闘する『ザ・ボーイズ・アー・バック』−ロンドン映画祭