シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』の監督にインタビュー!亡くなったあの日、午後からリハーサルの予定

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』の監督にインタビュー!亡くなったあの日、午後からリハーサルの予定
ケニー・オルデガ監督 - Photo:Nobuhiro Hosoki

 6月25日に急逝したマイケル・ジャクソンさんが行うはずだったコンサート「This Is It」の貴重なリハーサル映像などで構成された映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』の監督であり、クリエイティブパートナーであるケニー・オルデガ監督に話を聞いた。

 マイケルさんが亡くなった知らせを聞いて、かなりショックを受けたというケニー監督。「マイケルが亡くなったあの日、午後からリハーサルの予定があったんだ。その前日の夜にも、彼とは打ち合わせをしていて、舞台で行われるはずだったマジックイリュージョンの予行演習への参加について確認していたんだ。マジックイリュージョンは、マイケルにとってお気に入りの演目で、その後に『今夜はビート・イット』を歌う予定だった。そのリハーサルの日をみんなで期待していたんだよ……」と無念そうに語る。なおこのマジックイリュージョンには、世界的に有名なマジシャンのデビッド・カッパーフィールドが参加する予定だったそうだ。

 本作について「映像のほとんどは、コンサートのスクリーンで、舞台裏の特典映像として流そうと企画していたものだった。その一部は3Dで撮影されていて、『スリラー』『アース・ソング』『マン・イン・ザ・ミラー』などの曲は全て3Dの予定だった。それにこれら映像は、僕らが本番前にコンサートの完成度をチェックするためのものでもあったんだ。ちなみにアメリカでDVD発売する際は、さらなる映像を特典として挿入するつもりなんだよ! 映画に入らなかった映像も、とても力強く、感動させられるものばかりだからね!」とケニー監督も本作には大きな自信を抱いている。

 またマイケルさんとの共同作業については「マイケルはすごく寛大な人で、僕の意見にもしっかりと耳を傾けてくれるんだ。お互い、エンターテインメントの世界に敬意を表しているから、それぞれ信じ合うことができたんだと思うね。マイケルの『君が舞台を監督して、僕はただ観客を魅了するだけださ』との言葉は今でも忘れられないよ」と懐かしむように聞かせてくれた。本作を鑑賞してわかることは、マイケルさんがいかに素晴らしいアーティストであったかということだというケニー監督。ケニー監督の次の仕事は映画『フットルース』のリメイク企画になる予定。(取材・文:細木信宏 / Nobuhiro Hosoki)

映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』は10月28日より丸の内ピカデリーほかにて全世界同時公開(11月13日までの約2週間限定公開)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 10月
  4. 27日
  5. 『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』の監督にインタビュー!亡くなったあの日、午後からリハーサルの予定