シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

セクハラで訴えられていた「LOST」のデズモンド、示談で解決

セクハラで訴えられていた「LOST」のデズモンド、示談で解決
示談が成立したと報じられたヘンリー・イアン・キュージック - Frederick M. Brown / Getty Images

 テレビドラマ「LOST」でデズモンドを演じているヘンリー・イアン・キュージックが、元番組関係者からセクハラで訴えられた件で示談が成立したとE!オンラインが報じた。

 訴えを起こしていたのは「LOST」の元番組関係者の女性チェルシー・ストーン。訴状によると、仕事中ヘンリーに尻や背中をなでまわされたり、胸に顔をうずめ、声をあげながら左右に顔を動かされ、胸をもまれたという。その後、解雇されたためチェルシーはヘンリー、「LOST」のプロダクション会社グラス・スカート・プロダクションズと制作局であるABCを相手に損害賠償訴訟を起こしていた。

 すべての訴訟が示談になったようだが、賠償金の額など、示談の内容は一切明らかにされていない。またテレビドラマ「LOST」からもコメントは出されていない。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 10月
  4. 29日
  5. セクハラで訴えられていた「LOST」のデズモンド、示談で解決