シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ブラッドレイ・クーパー、シャイア・ラブーフの代わりにスリラー映画へ出演

ブラッドレイ・クーパー、シャイア・ラブーフの代わりにスリラー映画へ出演
ブラッドレイ・クーパー - Jordan Strauss / WireImage / Getty Images

 ブラッドレイ・クーパーが、降板したシャイア・ラブーフの代わりに新作映画『ダーク・フィールズ』(原題)へ出演するとハリウッド・レポーター紙が伝えた。本作は、アラン・グリンの小説「ブレイン・ドラッグ」を映画化するもので、企画された当初はシャイアが主演に決まっていた。ストーリーは、知性を増強する新薬を服用し、人生の勝ち組になった男の恐怖の末路を描くスリラーで、ブラッドレイは主人公の売れない物書きを演じ、作品は映画『ファイト・クラブ』『ゲーム』のような雰囲気になるといわれている。監督は、映画『幻影師アイゼンハイム』のニール・バーガーがあたり、脚本は映画『ヘアスプレー』のレスリー・ディクソンが手掛ける。

 本作の主人公は三十歳代で、人生の敗者ともいうべきさえない男なので、企画当初から23歳の若々しいシャイアには合わないといわれていたが、彼が降板したことで『ザ・ハングオーヴァー』(原題)の成功以降、売れっ子のブラッドレイに白羽の矢が立ったとみられる。ブラッドレイは、私生活ではレニー・ゼルウィガーとのロマンスが報じられ、映画版『特攻野郎Aチーム』、豪華スター共演のゲイリー・マーシャル監督映画『バレンタインズ・デー』(原題)と話題作へ立て続けに出演し、公私共に充実し、本作の主人公のような負け組みとは程遠い状況といえるだろう。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 11月
  4. 10日
  5. ブラッドレイ・クーパー、シャイア・ラブーフの代わりにスリラー映画へ出演