シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ニコラス・ケイジ、差し押さえられた2軒の家を競売で失くす

ニコラス・ケイジ、差し押さえられた2軒の家を競売で失くす
2軒の家を競売で失くしたニコラス・ケイジ

 ニコラス・ケイジがニューオーリンズに所有していた2軒の家が競売で売られたとピープル誌が報じた。

フレンチ・クォーターの一角にあったこれらの物件は、税金の滞納で差し押さえられていたもので、落札者はニコラスがローンを組んでいるリージョンス銀行。2軒ともこの銀行が落札したが、ほかに入札者はいなかったという。資産価値は合計で680万ドル(約6億1200万円)だが、落札金額は450万ドル(約4億500万円)とお買い得だったようだ。

 ニコラスは200万ドル(約1億8000万円)の債務不履行で銀行から訴えられているほか、630万ドル(約5億6700万円)の税金を滞納。元ビジネス・マネージャーの不適格なアドバイスが財政難の原因と釈明し、元ビジネス・マネージャーを訴えている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 11月
  4. 15日
  5. ニコラス・ケイジ、差し押さえられた2軒の家を競売で失くす