シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

史上最高デビュー!『ニュームーン/トワイライト・サーガ』に全米騒然 -11月25日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

史上最高デビュー!『ニュームーン/トワイライト・サーガ』に全米騒然 -11月25日版
この人気は、すごいとしか言いようがありません! (映画『ニュームーン/トワイライト・サーガ』) - TM & (C) 2009 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

 原作を読んだすべての人がとりこになる……といっても過言ではないほどの大人気を誇る映画『トワイライト』シリーズの映画化作品第2弾となる映画『ニュームーン/トワイライト・サーガ』がアメリカで公開され、1億4,284万ドル(約128億5,560万円)という国家予算並みの売り上げをたたき出した。この作品のヒートアップ度はかなりのもので、歴代の全米興行収入の初日記録、そして深夜先行ロードショー売り上げ記録、2009年度ウイークエンド興行成績最高記録のすべてを更新するという爆発的ヒットを記録した。(1ドル90円計算)

 過去のデビュー週末における成績で見てみると、1億5,841万ドル(約142億5,690万円)をあげた大ヒット映画『ダークナイト』、そして2007年5月の初登場ウイークエンドに1億5,112万ドル(約136億80万円)をたたき出した映画『スパイダーマン3』にはかなわなかったものの、『ニュームーン/トワイライト・サーガ』は史上第3位の座を手にしている。

 同作品のこれからの動向だが、ユニバーサル・スタジオの映画館で行われた深夜先行ロードショーの列に並んでいた “トワイライター(トワイライト・ファン)”たちにNBCの某トークショーがアンケートを取ったところ、半分以上の人たちが『ニュームーン/トワイライト・サーガ』を2回以上観る予定であると答えており、この人気から判断しても『ニュームーン/トワイライト・サーガ』の好成績は、しばらく続くものと思われる。

 次は第2位。今週は、『ニュームーン/トワイライト・サーガ』フィーバーのおかげでほかの作品は苦戦気味だが、それでもガンバリを見せたのは初登場で3,412万ドル(約30億7,080万円)をはじき出した映画『ザ・ブラインドサイド』(原題)。今年大活躍のサンドラ・ブロックが主演の、事実を基にしたストーリーで、元気が出るドラマ作品だ。

 シネマスコアというアメリカの映画観客を対象にしたリサーチ会社によると、『ザ・ブラインドサイド』(原題)を観たお客さんたちが同作品につけた成績の平均は、A+という最高スコア。今年公開された映画の中で最高スコアを出したのは作品はほかに1本のみで、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』だけ。『ザ・ブラインドサイド』(原題)がいかに好評かという証しとなっている。ちなみにこの映画は、いつもは辛口の評論家たちからも絶賛を浴びており、ハリウッドかいわいでは「サンドラ、ついにオスカー候補か……!?」という声も出始めている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 11月
  4. 25日
  5. 史上最高デビュー!『ニュームーン/トワイライト・サーガ』に全米騒然 -11月25日版