シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ペネロペ・クルス、緊張のあまりオスカー授賞式の記憶はなし

ペネロペ・クルス、緊張のあまりオスカー授賞式の記憶はなし
覚えていないわ……。-ペネロペ・クルス

 映画『それでも恋するバルセロナ』でアカデミー助演女優賞を獲得したペネロペ・クルスが、緊張のあまり気絶しそうになり、授賞式の記憶がほとんどないと語った。

 「家族や仕事仲間が祝福してくれるのはとてもうれしかったから、覚えていないことがくやしいわ。緊張のあまり気を失いそうだったの。それだけはよく覚えているわ」という。それでも、カナッペを食べまくり、30分ほど泣き、何が起きたのか混乱した記憶もあるとのこと。「わたしはなぜここにいるの? 何でこんなことが起きてるの? と思ったのは思い出せる」とイギリスのザ・タイムズ紙に語っている。

 女優として順風満帆なペネロペでも自分に自信があまり持てないが、それがいい部分でもあると考えているよう。「仕事上、自分自身をあまり好きになりたくないの。カメラってそういうところをちゃんと捉えるもので、自分を好きな役者ほどカメラは嫌うもの。わたしは昔から自己批判的なところがあるけど、それは変えるべきじゃない部分だと思っている。成長して向上するためには必要な要素だと思うの。昔からすべてのことを心配してしまう性格だけど、これからはその部分をコントロールして、もっとポジティブになろうと思っている。わたしって本当に心配性なの」と語った。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 12月
  4. 9日
  5. ペネロペ・クルス、緊張のあまりオスカー授賞式の記憶はなし